ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

<注意喚起>鳥獣害対策に電気柵をお使いの方へ

[2017年2月1日]

ID:721

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成27年7月19日、静岡県西伊豆町において電気柵からの感電による死亡事故がありました。電気柵を設置する上では安全確保が極めて重要であり、適切な措置を講ずる必要があります。安全を再度ご確認の上、次の注意点を守り、正しく使用してください。

  1. 家庭用電源(AC100V等)を直接、柵線に通電することは、感電や火災など重大事故の危険性があり、法令にも違反しています。絶対にしないでください。
  2. 家庭用電源(AC100V等)を使用する場合は、製造メーカーにおいて、PSEマーク(電気用品安全法の基準を満たしていることを示すマーク)表示のある電気柵用電源装置(電気柵用として販売されている電気牧柵器等)を使用してください。
  3. 家庭用電源(AC100V等)を電源にして電気柵用電源装置を使用する場合は、漏電遮断器の設置が義務付けられています。ACアダプター使用の場合も同様です。
  4. 設置する電気柵には、危険を知らせる表示をすることが義務付けられています。
  5. 害獣に対する効果を継続させるためだけでなく、安全に使用するためにも、設置した電気柵を適切に維持管理してください。

農林水産省のHP(別ウインドウで開く)でも、詳しく周知されております。ご一読ください。

お問い合わせ

伊賀市役所産業振興部農林振興課

電話: 0595-43-2301

ファックス: 0595-43-2313

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.