ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

災害に備え飲料水を備蓄しましょう

[2017年3月31日]

ID:1719

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

災害に備えた飲料水の備蓄について紹介します。

災害に備え飲料水を備蓄しましょう!

人が生きるためには、1日当たり3リットルの飲料水が必要であるとされています。
いざという時のため(水が出なくなった時のため)に、ご家庭での飲料水備蓄の必要性をご理解いただき、飲料水の備蓄にご協力をお願いします。

3日分を目安に備蓄しましょう!

水道水の備蓄方法(家庭用浄水器を通過しない水)

  1. まず、最初に手をよく洗いましょう。
     手にはたくさんの細菌がついています。
  2. 新しいポリ容器を用意し、水道水で十分に洗浄します。
     ポリ容器は、10リットルくらいの大きさが適当です。水は1リットルが1キログラムの重さになります。あまり大きいと、持ち運びに不便ですし、水の交換も大変です。
  3. 空気が残らないように容器に水道水を満たし、フタをしっかり締め、直射日光の当たらない、風通しの良い場所に保管します。
  4. 備蓄の目安は、ひとり1日当たり3リットルを3日分、合計9リットルです。
     
    「阪神・淡路大震災」「東日本大震災」の例を見ても、3日分の飲み水を確保しておくと安心です。
     4人家族の場合、3日分の飲み水は36リットル、ペットボトルでは大きいものでも18本が必要になります。
  5. 水道水の保存期間は3日間が目安ですので、3日間安全に飲み水としての使用を考えるなら、毎日取り替えることをお勧めします。
     
    取り替えた水は、お風呂などの雑用水としてご使用ください。
     水道水は、病原菌で汚染されることがないように、塩素で消毒しており、蛇口で0.1mg/リットル以上の塩素(遊離残留塩素)があることが法律で定められています。水道水の中に残っている消毒効果のある塩素を残留塩素と言い、残留塩素があるうちは、細菌は繁殖しません。
     残留塩素は無くなりやすく、水の保存方法により減少する割合が異なります。容器が10リットル、20リットルと大型になるほど長持ちしますが、約3日間が目安です。

このことについてのお問い合わせは…

〒518-0131 伊賀市ゆめが丘七丁目4番地の4
伊賀市水道部 施設課
電話 0595-24-0002/24-3936
ファックス 0595-24-0006

お問い合わせ

伊賀市役所上下水道部経営企画課

電話: 0595-24-0001

ファックス: 0595-24-0006

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.