ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

市内鉄道路線について

[2017年1月26日]

ID:2782

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

伊賀鉄道

伊賀線は伊賀市内を南北に縦断し、近鉄大阪線とJR関西本線を結ぶ延長16.6kmの鉄道です。近鉄が鉄道線路等の施設を所有し、伊賀鉄道株式会社が同施設を使用し運行を行う上下分離方式により、平成19年10月1日に開業しました。市は伊賀鉄道株式会社(別ウインドウで開く)へ出資と運営支援を行っています。
利用促進策として、市内小中学校等への団体利用へ補助を行っています。団体運賃の半額を補助するお得な制度ですので、是非ご利用ください。詳しくは下記リンクからご確認ください。
伊賀鉄道団体利用促進補助金交付制度について

JR関西本線

関西本線は、名古屋~大阪間を最短距離で結ぶ重要路線であるとともに、地域住民の通勤、通学の交通手段として、大きな役割を担っています。しかし、亀山~加茂間は未だに単線・非電化であるため、その利便性を活かしきれない状況にあります。関西本線の利便性を確保するために、ご利用をお願いします。
市では、市内の個人、団体、企業で構成する「JR関西本線電化を進める会」、沿線市町村で構成する「関西本線木津亀山間複線電化促進同盟会」において利用促進活動やJR西日本への要望活動に取り組んでいるほか、沿線市町村で構成する「関西本線複線電化促進連盟」、「三重県鉄道網整備促進期成同盟会」に加盟し、複線電化の早期実現のための事業推進および関係機関との調整に努めています。

JR草津線

草津線は柘植駅から草津までを結ぶ路線です。草津線は他の路線に比べ駅間距離が長く、電車の行き違い設備が少ないため、沿線市町村で「滋賀県草津線複線化促進期成同盟会」を構成し、草津線の複線化をJR西日本に働きかけています。

リニア中央新幹線の実現について

リニア中央新幹線は時速500kmで東京~大阪間を約1時間で結ぶものです。現在の東海道新幹線の補完的な役割を果たすとともに、人や文化の交流の促進に期待がかかります。
現在の状況は、実用化に向けた技術的な目途が立ち、実験線において長期耐久性等の実験が繰り返されています。また、国等では、コストや経済性について検討されている段階です。
市では、三重県内の市町村で構成する「リニア中央エクスプレス建設促進三重県期成同盟会」に加盟し、早期実現に向け、各種調査の完了と公表を求めるとともに県内停車駅の設置を要望しています。

お問い合わせ

伊賀市役所企画振興部交通政策課

電話: 0595-22-9663

ファックス: 0595-22-9852

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.