ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

熱中症にならないために

[2017年1月23日]

ID:2984

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

熱中症を予防して元気な夏を過ごしましょう!!

熱中症を防ぐために

  • 体調管理
     日頃から、バランスのとれた食生活と十分な休養をとるように心がけましょう。
  • 水分補給
     のどが渇いていなくても、定期的な水分補給に心がけましょう。
     ※「のどが渇いた」と感じたときは、すでに、かなりの水分不足になっています。
  • 室内にいるときは
     室内にいても熱中症になることがあります。室内温度は28℃を超えないよう、エアコンや扇風機を使い、我慢することなく 温度調整をしましょう。
  • 屋外にいるとき
     外出する際は日傘や帽子の着用をするなど、なるべく直射日光に当たらないようにし、特に天気のいい日、日差しの強い日、湿度の高い日は外出する時間帯にも注意しましょう。
     また、しめつけの少ない涼しい服装で出かけましょう。

主な症状

  • めまい、立ちくらみ
  • 大量の汗、体温上昇
  • 頭痛、吐き気、体に力が入れない
  • 意識障害(意識が無くなる)
  • 全身のケイレン

熱中症かな?と思ったら

  • 風通しのよい涼しい場所(日陰、クーラーの効いた部屋など)に移動します。
  • 着ている衣類をゆるめます。
  • 冷たい水で濡らしたタオルなどを首、脇下にあて、うちわなどがあれば風を送って身体を冷やします。
  • 水分、塩分を補給します。汗によって、塩分も失われているため、スポーツドリンクなどを何回かに分けて摂取させます。
  • 自ら水分が取れない、ぐったりしているなどの場合は、直ちに119番通報をします。

詳しくは下記をクリックし、ご覧ください。
(総務省消防庁)(別ウインドウで開く)
毎日の気温や暑さ指数など熱中症注意情報が掲載されています。
(環境省熱中症予防情報サイト)(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

伊賀市役所消防本部消防救急課

電話: 0595-24-9115

ファックス: 0595-24-9111

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.