ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

飲み水ができるまで(ゆめが丘浄水場)

[2017年3月31日]

ID:2993

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

飲み水ができるまでについて掲載しています。

飲み水ができるまで

川や井戸から取り入れた水は、そのままでは飲めません。浄水場(じょうすいじょう)では、水をきれいにして、みんなが安心して飲める水をつくっています。

1.取水口(しゅすいこう)

しゅすいこうのイメージ

取水口は、川の水(木津川の水)を取り入れる施設です。

2.沈砂池(ちんさち)

沈砂池のイメージ

川から取り入れられたばかりの水は、砂や大きなごみがまじっています。沈砂池ではそのような砂や大きなごみをとりのぞきます。写真の奥に見える青い機械が除塵機(じょじんき)で、大きなゴミがとりのぞかれます。

3.導水ポンプ場(どうすいポンプじょう)

導水ポンプ場イメージ

導水ポンプ場では、導水ポンプによって約6キロメートル離れた、ゆめが丘浄水場へ水を送り届けます。

4.着水井(ちゃくすいせい)

着水井のイメージ

導水ポンプ場から送られた水は、まず着水井に入ってきます。

5.活性炭(かっせいたん)の注入

ゆめが丘浄水場では、粉状の活性炭をいれて水の処理をしています(高度浄水処理)。活性炭は、水の中にある臭いのモトを吸い取ります。入れられた活性炭は、他のにごりと一緒に沈めてとりのぞきます。

6.急速かくはん装置

水のにごりを取り除くPAC(パック)とよばれる薬品を入れ、水と薬品をすばやくかき混ぜるのが急速かくはん装置です。

7.フロック形成池

ここでは、水の中を大きなハネがまわっており、薬品を入れたあと、ここでゆっくりかき混ぜることによって、薬品で固められた泥などのにごりはフロックと呼ばれる、より沈みやすい大きな固まりになります。

8.沈でん池

ゆっくりと水を流すことで、フロックは重みで下に沈んでいきます。入口では底が見えないにごりであっても、出口のあたりではすっきりと澄んだ状態になります。

9.急速ろ過池(きゅうそくろかち)

ろ過池のイメージ

沈でん池で取り除くことのできなかった、目に見えないようなゴミなどを砂の層を通して取り除きます。

10.浄水池(じょうすいち)

飲めるようになった水をためておくところです。

11.送水ポンプ室

送水ポンプ室のイメージ

使う水の量に合わせてポンプで水を配水池へ送ります。

12.中央監視室(ちゅうおうかんししつ)

ゆめが丘浄水場の中央監視室では、コンピュータによって、伊賀市にある水道の施設と水の状況を集中管理しています。
遠く離れた施設で、異常や故障が発生した場合でも、遠方監視操作装置によりいち速く対応できます。皆さんの家庭へ安全な水を安定的に供給するため、24時間体制で監視をしています。

12.薬品注入室

浄水処理に使う薬剤を貯蔵し、的確な量を送り出す機器類があります。

13.発電機室

停電した場合でも自家発電装置を使い、水を供給することができます。

お問い合わせ

伊賀市役所上下水道部水道施設課

電話: 0595-24-3980

ファックス: 0595-24-0006

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.