ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

ガソリン等の適正な取扱いについて

[2017年1月24日]

ID:3856

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ご注意!

多量のガソリンや軽油の取扱いや貯蔵については、消防法や伊賀市の火災予防条例において規制されています。

ガソリン等の正しい取扱いをしていただき、火災の発生を予防するため、次のことを守ってください。

ガソリン、軽油の買いだめ行為は危険です!

ガソリンは常温で着火するきわめて危険な物質であり、一旦火災になると瞬時に爆発的に延焼拡大します。

軽油を多量に貯蔵することは、火災の発生危険が高まるとともに、一旦火災が発生した場合には、大規模な火災となる危険性があります。

ガソリンを購入するときは?

  1. セルフスタンドでは、自ら容器に注油し購入できません。
  2. セルフスタンド以外のガソリンスタンドでは、消防法令に適合した容器であることを確認し購入しましょう。

ガソリンはどんな容器に入れればいいの?

灯油のプラスチック容器(容量20リットル)にガソリンを入れることは、きわめて危険なので、消防法令により禁止されています。絶対にやめてください。

消防法で認定された金属製の容器を使用しましょう。

法令に適合したガソリン容器

お問い合わせ

伊賀市消防本部
予防課 危険物係
電話: 0595-24-9103
ファックス: 0595-24-9111
メール: yobou@city.iga.lg.jp

Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.