ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

公共下水道処理施設の接続

[2017年3月30日]

ID:4163

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

公共下水道処理施設の接続について

公共下水道の地域

公共下水道の地域にお住まいになる場合は、公共下水道処理施設の使用手続きを行っていただく必要があります。
公共下水道の地域(平成27年1月1日現在)
施設の名称 位置 処理区域の住所 
柘植浄化センター伊賀市上村2290番地 

柘植町(岡鼻、小林、柘植青葉台、倉部、上町、下町、前川、山出)

野村

中柘植

上村 

せせらぎ浄化センター伊賀市西之澤2395番地 

▼西部処理区

下柘植(上市場、中出、物堂、南出)

愛田

楯岡

新堂

御代

柏野

川西

西之澤

川西青葉台

▼河合処理区 

円徳院

川合

阿山ハイツ

大江

馬場

田中

馬田

千貝

石川の一部

波敷野

東山タウン

希望ヶ丘浄化センター伊賀市山畑132番地

希望ヶ丘西

希望ヶ丘東 

上野新都市浄化センター伊賀市ゆめが丘七丁目1番地1 ゆめが丘
島ヶ原浄化センター伊賀市島ヶ原6800番地2島ヶ原の一部(町、山菅、川南、中村(桜ヶ丘地区))

伊賀市公共下水道事業受益者負担金賦課区域の公告

伊賀市公共下水道事業受益者負担金に関する条例第5条の規定に基づき、平成28年度賦課対象区域を広告します。原則として、公共下水道の整備が完了した区域を受益者負担金の賦課対象区域とします。

伊賀市公共下水道排水区域図

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
受益者負担金制度とは、公共下水道を計画的に建設するための財源の一部として、下水道が整備されることによって利益を受ける方に建設費の一部をご負担していただく制度です。公共下水道の整備予定区域内に土地を所有されている方、または権利を持っている方に受益者負担金がかかることになります。下水道建設には、多額の建設費を必要としますが、これらの建設資金は、国の補助金、地方債、受益者負担金などによってまかなわれています。下水道が整備されると、私たちの日常生活や事業活動に伴って発生する汚れた水を直接流せるようになるため、衛生的な暮らしや良好な自然環境を守ることができるようになります。これらの利点は市民全体が等しく受けるものではなく、下水道が整備される区域内に土地を持っている人だけに限られます。

公共下水道事業受益者申請書続紙

Excel Viewer の入手
xlsファイルの閲覧には Microsoft社のExcel Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

使用に関する手続き

公共下水道処理施設を使用するためには、使用者において排水設備を設置し、維持管理する必要があります。排水設備とは、汚水を施設に流入させるために必要な宅地内の排水管等で公共汚水ますまでの設備をいいます。排水設備の施工については、伊賀市下水道排水設備指定工事店の指定を受けた工事業者でなければ施工することができません。

公共下水道

排水設備の使用を開始、休止、廃止、再開しようとするとき

公共汚水ます等を新設しようとするとき(事前協議が必要になります)

上野新都市産業汚水処理施設

排水設備を新設、増設、改修しようとするとき

排水設備の使用を開始、休止、廃止、再開しようとするとき

記入方法や添付書面等不明な点は、問い合わせてください。

なお、上記届出を怠った場合は、下記の罰則が科される場合があります。

 

【伊賀市公共下水道条例第36条、第37条抜粋】

 

(罰則)

第36条 次に掲げる者は、5万円以下の過料に処する。

(1) 第5条の規定による確認を受けないで排水設備等の工事を実施した者

(2) 第6条の規定に違反して排水設備等の新設等の工事を実施した者

(3) 第7条第1項の規定による届出を同項に規定する期間内に行わなかった者

(4) 第9条または第10条及び第13条の規定に違反した使用者

(5) 第14条の規定による届出を行わなかった者

(6) 第17条の規定による資料の提出を求められてこれを拒否し、または行わなかった者

(7) 第23条または第26条の規定による許可を受けないで当該行為をし、または占用をした者

(8) 第30条第2項の規定による指示に従わなかった者

(9) 第5条第1項、第23条もしくは第26条の規定による申請書もしくは添付書類、第5条第2項前段、第7条第1項、第14条第1項もしくは第2項の規定による届出、第17条の規定による資料で不実の記載のあるものを提出した申請者、届出者、申告者または資料の提出者

第37条 詐欺その他不正の行為により使用料の徴収を免れた者は、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料に処する。

宅内排水設備の日常管理

公共下水道処理施設に接続すると、各家庭や事業所等の汚水は、下水管を通って処理場に流れるようになります。処理場では、微生物の働きによって汚水をきれいな水にしていますので、下水管へは、詰まりの原因となるものや、処理場で処理できないもの、微生物が死んでしまうようなものは流さないでください。また宅地内の排水設備の定期的な清掃を行うなどの適正な管理を心がけてください。清掃が困難な場合や、詰まりの原因がわからない場合等は、施工した工事店に相談してください。
詰まりの原因となるもの
流してはいけないもの 下水処理への影響 
水に溶けにくい紙、ガム、タバコ、おむつ等 下水管、中継ポンプ施設の詰まる原因になります。 
野菜くずや残飯、てんぷら油 下水管が詰まる原因になります。 
アルコール等の揮発性の高い危険物 爆発する恐れがあり危険です。 
髪の毛 排水口に溜まりやすく、下水管が詰まる原因になります。
土砂や砂など 下水管が詰まる原因になります。 

お問い合わせ

伊賀市役所上下水道部営業課

電話: 0595-24-0003

ファックス: 0595-24-0006

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.