ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

平成29年度経営所得安定対策について

[2017年6月9日]

ID:4540

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

本年度も、経営所得安定対策が実施されます。これは主に、水田のフル活用を推進し、農業経営の安定、食料自給率の向上などを目的とした水田農業等に関する対策です。

米の直接支払交付金

米の生産数量目標(配分面積)等に従って生産を行う販売農家・集落営農の主食用米の作付面積に対して、交付金が国から直接交付される制度です(平成29年産をもって廃止されます。)

米の直接支払交付金
交付対象者米の生産数量目標に従って、販売目的で生産する販売農家・集落営農 
対象面積主食用米の作付面積から一律10aを控除した面積(種子、醸造用玄米は控除の対象外)
交付単価7,500円/10a(全国一律)

畑作物の直接支払交付金(ゲタ対策)

諸外国との生産条件の格差により不利がある麦・大豆・そば・なたねを生産する認定農業者・集落営農・認定新規就農者に対して、経営安定のための交付金が国から直接交付される制度です。
ゲタ対策
交付対象者 麦・大豆・そば・なたね(黒大豆・種子用等は除く)を生産する認定農業者・集落営農・認定新規就農者
 対象作物交付金は、生産量と品質に応じて交付する数量払いを基本とし、営農を継続するために必要最低限の額を面積払いによる内金として交付される仕組みです。なお、助成には、播種前に売り先を確保したうえで取り組む契約栽培が条件となります。また、麦・大豆・そばの数量払いは等級・品質によって交付単価が変わります。収穫後に農作物検査を受検し、等級のついたものが対象(規格外は交付対象外)となります。

米・畑作物の収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)

対策加入者の米、麦、大豆等の当年産の販売収入の合計が、標準的収入を下回った場合に、その差額の9割を補てんするものです(対策加入者と国が1対3の割合で拠出)。

ナラシ対策
 対象者認定農業者、集落営農組織、認定新規就農者 
 対象作物米、麦、大豆

水田活用の直接支払交付金

主食用米を作付けしない水田を活用して、戦略作物や地域振興作物などの生産を行う販売農家・集落営農に対して、交付金を面積払いで国から直接交付される制度です。

※平成29年度産からは一部見直しなどの変更点があります。

ナラシ対策
 対象者販売目的で対象作物を生産する販売農家・集落営農 
 対象作物

●戦略作物に対する助成(全国一律)

〇麦、大豆、飼料作物:35,000円/10a

〇WCS稲:80,000円/10a

〇加工用米:20,000円/10a

〇飼料用米、米粉用米:55,000円~105,000円/10 (収量に応じて)

※戦略作物の助成は、売り先を確保したうえで取り組む契約栽培が条件となっています。

●産地交付金

地域の作物振興の設計図となる「水田フル活用ビジョン」に基づき、取組を支援。

申込について

交付金を受け取るためには,交付申請書・営農計画書・振込口座届出書・販売伝票などの提出が必要です。
交付金の申請書は平成29年6月末までに提出する必要があります。交付金の支払時期は8月から翌年3月を予定しています。

※ナラシ対策に加入を希望される場合は、平成29年7月末までに積立金の拠出が必要です。

関連書類

集団化申請書の案内を送付しました。

関連リンク

問い合わせ先

  • 東海農政局三重支局経営所得安定対策チーム 電話:059-228-3199
  • 伊賀市農業再生協議会(事務局:伊賀市産業振興部農林振興課) 電話:0595-43-2302

お問い合わせ

伊賀市役所産業振興部農林振興課

電話: 0595-43-2301

ファックス: 0595-43-2313

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.