ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

お薬手帳は、1冊にまとめましょう

[2017年11月8日]

ID:4761

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

お薬手帳は、1冊にまとめましょう

  伊賀市では、第3次伊賀市地域福祉計画で、高齢者のみならず、すべての市民を対象とした全世代型地域包括ケアシステムの構築をめざすことを示しています。
 この全世代型地域包括ケアシステムを構築するため、平成24年度に「保健・医療・福祉分野の連携検討会」を立ち上げ、専門機関による情報共有や支援に向けた関係者間連携、多職種連携による支援のしくみづくりなどについて検討をすすめています。
 現在、この検討会では、在宅患者の薬の管理のしくみづくりの検討をすすめ、お薬手帳の活用を考えるなかで、複数のお薬手帳を持っている方に、1冊にまとめていただくための運動をすすめています。

お薬手帳を1冊にまとめると・・・

●緊急時やいつもと違う医療機関や薬局に行っても、飲んでいる薬や治療歴がわかるので安心です。
●薬のことを、医療機関や薬局、ケアマネジャー、訪問看護ステーション、介護サービス事業者などに伝えることで、各機関が連携することができます。

お薬手帳が何冊もあると・・・

●飲んでいる薬のチェックが難しくなり、薬の危険な飲み合わせや、同じ薬を二重に処方してしまう恐れがあります。

「お薬手帳は1冊にまとめましょう」のチラシのイメージ図

お問い合わせ

伊賀市役所健康福祉部医療福祉政策課

電話: 0595-22-9705

ファックス: 0595-22-9673

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.