ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

家庭から食品ロスを減らしましょう!

[2017年9月12日]

ID:4920

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

食品ロスとは?

食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。

日本国内では、年間約2,775万トン(※)の食品廃棄物等が出されています。このうち「食品ロス」は年間約621万トン(※)と試算され、これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食料援助量(平成26年)の約2倍に相当します。
食品ロスを国民1人当たりに換算すると、お茶碗約1杯分(約134g)の食べものが毎日捨てられている計算になります。

なお、食品ロスと推計される約621万トンのうち、約半分は一般家庭から発生していると言われています。

※農林水産省及び環境省「平成26年度推計」

ご家庭でできることから始めましょう!

食品ロスを減らすために、一人ひとりが「もったいない」を意識して、日頃の生活を見直すことが大切です。

削減のポイントは、「必要な量だけ購入」して「食べきること」です。

下記の方法を参考に、ご家庭での食品ロス削減にご協力をお願いします。

買い物

  • 事前に冷蔵庫内を確認しましょう
  • 必要な食材をこまめに購入しましょう
  • 手前に陳列されている食品から購入しましょう

調理

  • 残っている食材から使いましょう
  • 野菜や果物の皮は厚むきしないようにしましょう
  • 食材を上手に食べきりましょう

関連情報

お問い合わせ

伊賀市役所人権生活環境部廃棄物対策課

電話: 0595-20-1050

ファックス: 0595-20-2575

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.