ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

養育医療の給付

[2017年1月26日]

ID:259

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

出生時体重2000g以下または生活力が特に弱い未熟児のため、一般状態等に異常を示すもののうち、指定医療機関の医師が入院を必要と認めた場合、必要な医療が給付されます。養育医療が必要になった場合、早めに手続きをしてください。

対象者

出生時体重2000g以下または生活力が特に弱い未熟児のため、一般状態等に異常を示すもののうち、指定医療機関の医師が入院を必要と認めた人
ただし、退院の場合および通院した場合は対象外です。

費用

医療にかかる費用(保険適用分)を給付しますが、世帯全員の所得税の額に応じて自己負担があります。福祉医療費受給対象の人は、養育医療の自己負担金を福祉医療の助成から差し引き、自己負担金をお支払いいただく手間を省く制度もあります。

必要書類等

  1. 養育医療給付申請書
     平成28年1月から、養育医療給付申請に個人番号が必要になりました。お子さんと申請者本人の番号確認書類が必要ですので、申請の際にご提示ください。
  2. 養育医療医師の意見書
  3. お子さんの保険証のコピー
  4. 遅延理由書(申請が治療開始日から1か月以上遅れた場合のみ必要です。)

※1月1日に伊賀市に住所がなかった方は、所得等の書類が必要になります。

申請場所

  • 健康推進課 電話:22-9653
  • いがまち保健福祉センター 電話:45-1016
  • 青山保健センター 電話:52-2280

利用方法

申請の審査後、給付が決定すると、「養育医療券」が申請者あてに届きます。
養育医療を受けるときは、この「養育医療券」を指定医療機関に提出してください。

お問い合わせ

伊賀市役所健康福祉部健康推進課

電話: 0595-22-9653

ファックス: 0595-22-9666

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.