ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    防災行政無線放送の終了とサイレン吹鳴の終了

    • [公開日:2022年5月31日]
    • [更新日:2022年5月31日]
    • ID:118

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    防災行政無線放送の終了

    無線放送設備の老朽化及び宿日直業務の廃止により、令和4年3月31日を最後にお知らせ放送と臨時放送は終了しました。

    また、電波法の改正により、行政防災無線のアナログ波が終了するため、定時サイレン吹鳴は令和4年11月30日で終了します。

    防災行政無線の戸別受信機について

    防災行政無線の戸別受信機は、地震や台風などの非常事態に関する予報や警報の通信、災害やその他の緊急時における迅速かつ的確な情報通信を行うとともに、行政の事務連絡及び市民の生活に必要な情報を伝達する手段として設置されてきましたが、防災行政無線放送の廃止に伴い、令和4年11月30日までは、サイレン吹鳴のみとなります。

     防災行政無線の戸別受信機が聞こえにくい場合は、以下の方法をお試しください。

    1. 本体のアンテナを最大限に伸ばしてください。アンテナの方向は、上下左右どちらでもかまいません。
    2. 室外に近い場所ほど受信度が高くなるため、窓際などに本体を移動してください。壁掛けタイプの受信機は、本体を上にずらして持ち上げると固定器具から外れます。
    3. 背面の乾電池を新しいものに交換してください。本体内の電流が安定し、受信機能が回復する場合があります。古い電池のままでは液漏れなどが起こり、故障の原因となります。乾電池は単2形を4本使用してください。

    戸別受信機の画像

    戸別受信機写真1

    戸別受信機のアンテナを最大限に伸ばした状態

    戸別受信機写真2

    戸別受信機の背面に乾電池をセットした状態