ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

平成30年度から国民健康保険税の税率等が変わります

[2018年4月2日]

ID:5497

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成30年度から国民健康保険税の税率等が変わります

 国民健康保険は、病気やけがをしたときに安心して医療が受けられるように、加入者が国民健康保険税を出し合い、お互いに助け合う制度です。我が国の国民皆保険制度を支える医療保険であり、将来にわたり安定的に運営していく必要があります。
 伊賀市の国民健康保険は、平成25年度に保険税を改定(固定資産税の状況により賦課していた資産割の廃止等)して以来、据え置いてきましたが、医療費の増などから近年大幅な赤字が続いているため、保険税を改定することになりました。
 加入者の皆さんにご負担いただくことになりますが、国民健康保険財政を取り巻く厳しい状況に、ご理解とご協力をお願いいたします。なお、所得が一定の額以下の世帯には、保険税を軽減する制度があります。

税率改正の理由

 伊賀市国民健康保険特別会計の単年度収支(その年度の医療費に係る歳入歳出差引額)は、平成24年度  以前は黒字でしたが、平成25年度に国保税率の引き下げを行ってからは赤字が続いており、一人あたり   保険給付費(国保会計で負担する医療費)も増加している状況にあります。
 このために、平成28年度には財源が不足して基金の取り崩しを行いましたが、このままでは基金が底を   つく状況にあります。

国民健康保険税の軽減制度

 世帯の前年中の所得金額の合計額が、一定基準額以下の世帯については、7割・5割・2割軽減に該当し  「均等割額」と「平等割額」が軽減されます。なお、軽減を受けるのに申請の必要はありません。
 ただし、世帯の中に所得の申告をされていない方がいる場合は、一定基準額以下に該当しているか判定できないため軽減が適用されない場合があります。

具体例で比較する世帯の税額(税額改正前後)

国民健康保険税引き上げ抑制のためご協力のお願い

● 病気の早期発見や未然防止のため、年に一度は特定健診やがん検診(自己負担額があります。)を受けましょう。
7月から特定健康診査が始まります。詳しくは、広報6月1日号の「特定健康診査を受けましょう」を   ご覧ください。
● ジェネリック医薬品(後発医薬品)の利用を検討してください。ジェネリック医薬品は、新薬(先発薬品)の特許期限が過ぎたあと新薬と同じ成分で製薬された薬で、新薬に比べて開発費を抑えられるため自己負担が減り、医療費全体も抑えられます。

近年、医療費の中でも調剤費の増加が著しくなっていますので、ご協力をお願いいたします。医療費を抑え国保の負担する保険給付費を削減することは、保険税引き上げの抑制につながります。一人ひとりが健康管理に努め、適正な受診を心がけるようお願いいたします。


国民健康保険の届け出は加入資格の発生日から必ず14日以内に!

お問い合わせ

伊賀市役所健康福祉部保険年金課保険年金係

電話: 0595-22-9659

ファックス: 0595-26-0151

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.