ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

子宮頸がん予防ワクチン接種について

[2021年5月13日]

ID:6919

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

HPVワクチンについて

HPVワクチンは、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防するワクチンです。

国の方針により、平成25年から積極的には接種をお勧めしていませんでしたが、令和2年10月9日の通知を受け、公費で接種できるワクチンであることを知っていただくための情報提供を行っています。

ワクチンの接種について

現在は積極的には接種をお勧めしていませんが、希望する人は有効性とリスクを理解した上で接種することができます。

接種については、下記のリーフレットを読んだ上でかかりつけ医にご相談ください。

子宮頸がんワクチン説明(概要版)リーフレット

子宮頸がんワクチン説明(詳細版)リーフレット

子宮頸がんワクチン説明(接種後)リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

詳しくは、厚生労働省ホームページ(ヒトパピローマウイルス感染症)をご覧ください。

対象者

小学校6年生から高校1年生に相当する年齢の女性

期間

令和3年4月1日から令和4年3月31日まで

費用

無料

※対象年齢を過ぎて接種する場合は、全額実費(1回約17,000円)になります。

回数・スケジュール

3回(完了するには6か月ほどかかります)

  • ワクチンは2種類あり、選択したワクチンの種類によって接種間隔が異なります。
  • 十分な免疫を得るためには、どちらのワクチンも3回の接種が必要になります。
  • 3回とも同一のワクチンを接種してください。(途中で他のワクチンへの変更はできません)
接種スケジュール
 ワクチン名標準的スケジュール 接種可能スケジュール 

 サーバリックス

(2価)

1回目:初回接種

2回目:1回目の接種から1か月後

3回目:1回目の接種から6か月後

1回目:初回接種

2回目:1回目の接種から1か月後

3回目:1回目の接種から5か月以上

かつ2回目の接種から2か月半あける

 ガーダシル

(4価)

1回目:初回接種

2回目:1回目の接種から2か月後

3回目:1回目の接種から6か月後

1回目:初回接種

2回目:1回目の接種から1か月後

3回目:2回目の接種から3か月以上あける

実施場所

注意事項

  • 指定日時などを医療機関に確認し、予約してから予防接種を受けてください。
  • 予診票は、伊賀市内・名張市内の医療機関には備えてあります。それ以外の医療機関で受ける場合は、事前にお渡ししますのでご連絡ください。

お問い合わせ(平日午前8時30分~午後5時15分)

健康推進課 電話 0595-22-9653

お問い合わせ

伊賀市役所健康福祉部健康推進課

電話: 0595-22-9653

ファックス: 0595-22-9666

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.