ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症について

[2020年2月14日]

ID:7321

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症とは

 2019年12月以降、中華人民共和国を中心に新型コロナウイルス感染症の患者が断続的に報告されています。

 日本国内においても感染が確認されており、2020年1月28日感染症法に基づく「指定感染症」と検疫法の「検疫感染症」に指定する政令が閣議決定されました。

 三重県と厚生労働省のホームページに最新の情報が掲載されています。

新型コロナウイルス感染症の疑いがある人はどんな人か

 医療機関を受診すべきと考えられる対象者については、下記の(1)(2)の要件を満たす人となります。
  (1)発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状(せき等)のある人
  (2)・発症前2週間以内に湖北省または浙江省に渡航あるいは居住していた人

    ・発症前2週間以内に湖北省または浙江省に渡航あるいは居住していた人と接触歴がある人

感染が疑われる場合は事前に保健所に電話をしましょう

 事前に保健所に設置されている「帰国者・接触者相談センター」に電話をしましょう。

  伊賀保健所「帰国者・接触者相談センター」 

  0595-24-8070(午前9時から午後9時まで:土・日・祝日も対応)

※午後9時から翌9時までは、三重県救急医療情報センター059-229-1199が必要に応じて帰国者・接触者相談センターに連絡します。

 「帰国者・接触者相談センター」で、武漢市を含む湖北省または浙江省への渡航歴や感染が明らかな人との接触歴などを確認し、発熱や咳などの症状がある人については、「帰国者・接触者外来」を設置している医療機関をご案内します。

「帰国者・接触者相談センター」は、感染が疑われる人から電話での相談を受けて、必要に応じて、帰国者・接触者外来へ確実に受診していただけるよう調整します。

予防するにはどうすればいいか

 季節性インフルエンザや風邪と同様に、次の予防対策を徹底しましょう。

 ・こまめに手を洗い、うがいをしましょう。
 ・咳やくしゃみが出る時は、マスクをしましょう。マスクが無い時は、ティッシュペーパーやハンカチなどで口と鼻を覆いましょう。
 ・栄養のバランスを考えた食事と十分な睡眠をとりましょう。
 ・できるだけ不要・不急の外出を控えましょう。

咳エチケット

帰国者・接触者相談センター

湖北省および浙江省への渡航歴や感染が明らかな人との接触歴などがあり、発熱や咳などの症状がある人が、適切に医療機関を受診できるよう、「帰国者・接触者相談センター」を伊賀保健所に設置しています。

帰国者・接触者相談センター連絡先

 伊賀保健所 0595-24-8070(午前9時から午後9時まで:土・日・祝日も対応)

・回線が混み合っている場合は、電話がつながりにくくなるのでご了承ください。

・午後9時から翌9時までは、三重県救急医療情報センター 059-229-1199 が必要に応じて、帰国者・接触者相談センターに連絡します。

電話相談窓口(新型コロナウイルス感染症)

伊賀保健所

 電話 24-8070  (午前9時から午後9時まで:土・日・祝日も対応)

三重県庁 医療保健部 薬務感染症対策課(専用回線)

 電話 059-224-2339 (午前9時から午後9時まで:土・日・祝日も対応)

厚生労働省(電話相談窓口)

 電話 0120-565653(フリーダイヤル)(9時~午後9時(土日・祝日も実施))

※2月7日(金)9時より新しい番号(フリーダイヤル)となりました。

・聴覚に障がいのある方をはじめ、電話での相談が難しい人に向けて、ファックス(03-3595-2756)でも受付を開始しました。

新型コロナウイルス感染症関連ページ

お問い合わせ

伊賀市役所健康福祉部健康推進課

電話: 0595-22-9653

ファックス: 0595-22-9666

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.