ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

第2期伊賀市若者会議【応募期間終了】

[2020年3月31日]

ID:7340

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

“君はこのまちが好きですか?”


その思いは行動に、そしてカタチにすることで、

まちを変えることができるかもしれません。

伊賀市は、“楽しめる場所”を用意して、皆さんをお待ちしています。

【応募期間終了】第2期若者会議メンバーの募集について

伊賀市若者会議の第2期メンバーの応募は締め切りました。

たくさんの応募ありがとうございました。


第1期メンバー集合写真

継続メンバーや応募者の声をお伝えします!

これまでの応募者の声(抜粋)
20代男性 

県外在住ですが、伊賀市の動画を撮る機会があり、その時に伊賀のことを大好きになりました!活動を通じて伊賀市のことをもっと発信したいです!

20代女性

私は大学を卒業してから「まちづくり」や「観光」に関わる仕事をしてきました。自分の故郷でもある伊賀市が若者会議を募集していることを知り、ぜひ参加したく応募しました。若者目線で発信することで、移住促進や観光等の交流人口が拡大出来ればと考えています。

20代男性

伊賀市若者会議のこれまでの活動内容や同世代の皆様が真剣且つ楽しみながら積極的に活動されている風景を見て、私も是非ともメンバーに加わりたいと思い、応募させていただきました。
伊賀市の魅力を外部に発信し新たな伊賀ファンを獲得することに加え、既存の住民がより安心・安全・快適に過ごすことができる一層魅力的な伊賀をともに作っていけたらと思います。

20代男性

名張在住ですが伊賀市で働いています。伊賀市は忍者だけでなく、他にも魅力がたくさんあるのでもっと発信したいです。また、私自身が人との繋がりも少ないため、素直に若者会議が楽しそうな活動で自分のためにも参加したいのもありますし、地域のために何かすることも経験なかったため参加したいと思いました。

10代男性

地元の色んなことについて知れるのが面白そうだとおもいました。
伊賀のいいところを共有したり発見したりすることで面白いこと
ができるようになればいいなと思ってます。

20代男性

天神祭に幼い頃から参加しており地元の文化を守りたい気持ちがありました。
就職活動のタイミングで伊賀市で働くことを決め地域貢献をしたいと考え情報を集めているときに若者会議の存在を知り応募を決めました。
若者が楽しめるような娯楽施設や趣味があまり目立っていないために若者が都会へと流れていっていると考えられるので
誰でも気軽に楽しめるような音楽施設をつくり、いい意味での若者のたまり場を作りたいと考えています。

20代女性

若者のアイデアを取り入れた企画を実現し、生き生きした町づくりに貢献したいので参加したいです。

30代男性

応募動機はもっと伊賀市のことを詳しくなりたいからです。
伊賀市に来て日も浅く、若い人の視点からどういう活動をしているか知りたいと感じました。

継続を決めた第1期活動メンバーの声(抜粋)
20代男性 

まだまだやりたいことが実現できていません。さらに伊賀市のための活動に力を入れていきたいです!

30代女性

参加している企画が動き出したところなのでこのまま継続して参加したいです。これからが面白くなるところだと思っています。

30代男性

若者会議自体がまだ手探りの状態だと感じています。そんななかで、進行中のプロジェクトも多数あり、成果が出るまで継続して取り組んでいきたい。

20代男性

途中から参加でしたが、多くの方と知り合う事が出来た。この活動を通じてもっとコミュニティを広げていきたい。そういった一人一人のコミュニティの広がりが、若い人が活躍できる伊賀市に繋がると思うので、これからも推進していきたい。

20代女性

伊賀市は魅力が多いまちなので、まずは伊賀市にかかわり、それをもっと発信していきたいです。若者会議での活動を通じて、地域の人はもちろん、市外にも繋がりができてきました。これからの活動でもっと伊賀市を発信していけると思います。

20代男性

まだまだ伊賀市をみんなで盛り上げたい。若者会議を通して勉強もしていきたい。

20代女性

伊賀のためになることを若い人達と力を合わせてやって行きたいです。

20代女性

第1期の活動から、より発展した取り組みに繋げていきたい。また、自分にとって若者会議は非常に楽しく、参加することでエネルギーを貰える場です。

10代女性

甲賀市などの他の忍者押しのまち差別化し、伊賀市として忍者市らしい知名度を上げつつ、私たちが住みやすく自慢できるふるさとを目指してこの若者会議で色んなことを考え、実行していけたらいいなと思います。そして、それぞれの世代で不満や不自由さを感じていることもあるかと思うし、当事者にしかわからないことも多々あると思うので、若者会議の枠を超えてそういう声を交流し、参考にし、反映されていく場が持てれば、素敵な伊賀市になるのではないかと思います。そのための活動を若者会議でしたいです。

伊賀市若者会議とは

若者会議ロゴ

「伊賀市をもっと好きなまちにしたい」

「伊賀市のPR活動に参加してみたい」

「同世代の人たちと意見交換したり、一緒に活動してみたい」


という考えを持った若者で構成される活動グループです。
活動は、平日または土日、日中のイベントや夜の会議などさまざまですが、おおむね月1回程度を予定しており、その中で各メンバーが可能な範囲で気軽に参加することができます。

活動内容

第2期若者会議のテーマは「学び」

伊賀市若者会議は伊賀市の若者が地域活動を通じて「学び」「繋がり」「チャレンジ」する場所です。

こうした経験は、参加者自身を成長させ、そうした人が増えることが活力のあるまちに繋がります。

第1期メンバーからは「学び」が少なかったとのご意見を多くいただきました。

そのため第2期では「学び」をテーマに、若者会議メンバーや地域の皆さんが学べる環境を準備する予定です。


※下記は、来年度予定する活動の一例です。状況により、活動の内容に変更が生じる可能性があります。

※メンバーはすべての活動に参加する必要はありません。

1.定例会議

毎月1回程度、「企画会議」を開催し、自分たちメンバーが実現したいことを検討・実行に向けた取り組みを行います。

現在進行中の企画案は次のとおりです。

このような自分たちの企画を実行することで、「学び」や地域との「繋がり」を生み出しています。

※下記の一覧は令和元年度に行ったものです。取り組みは継続していますが、新規メンバーが必ず参加しなくてはいけないものではありません。

※このほか、実現したいことがあれば、若者会議内で提案をし、他のメンバーの共感があれば実現に向けて動きだすことが可能です。

若者会議企画一覧(令和元年度)
企画名 目標と概要 実行状況 
伊賀ミート

伊賀市の映えスポットをSNSを通じて発信。

最終的にはその場所を一般参加者とツアーで巡る。

仮想からリアルに繋がるイベントをめざす。

昨年、若者会議メンバーのみのツアーを実行。

SNSでの発信力を高めるため、

三重県主催の「第2回#visitmie」キャンペーンに動画を投稿した結果、

特別賞を受賞。

若者ファーム

使われていない畑で作物を育て、

その場所を地域と若者をつなぐコミュニティスペースに!

市内2か所で無償で貸してくれる畑を確保。

現在、協働してくれる企業や地域住民の方を募集中。

como☆Project

子育て世代が活躍できる街に!

現在は中心市街地に子育て世代が集まれるように活動中

グーグルマイマップの機能を使い、子育て世代のための地図を作製

年度内での公開を予定。

また、地域の方と協働して子育て世代向けのイベントを開催予定。

広報宣伝部

若者会議の活動をイベントなどに参加、

または企画して、市内外問わず発信!

地域の夏祭りで子ども向けブースの設置。

市民夏のにぎわいフェスタではゴミ収集のボランティアスタッフとして参加。

上野天神祭りでは、神輿の担ぎ手として参加。

2月1日の全国まちづくり若者サミットに参加し、全国に向けて伊賀市若者会議を発信。

バズワード

2月22日「忍者の日」に「#忍者の日」をバズらせて、

Twitterトレンド入りをめざす!

約25,000ツイートで「#忍者の日」が3年ぶりのトレンド入りに成功。
企画会議の様子

↑企画会議の様子

2.勉強会

2カ月に1度程度、「勉強会」を開催します。

勉強会のテーマは若者会議メンバーの要望等によって決定し、そのテーマに応じた講師を招く予定です。

(開催予定)

・情報発信人材育成(ライティング)講座


3.市事業への参画(市外でのプロモーションや市事業への参加)

伊賀市が取り組んでいる事業への参画も若者会議の重要な役割の一つです。

令和2年度は首都圏や関西圏で開催予定の関係人口イベントへの参画や、国体プレイベントへの参画が予定されています。

※下記の一覧は令和元年度の取り組みです。

対象イベント(令和元年度)
令和元年度活動イベント 

場所      

開催日程 内容
 第5回まちづくりラウンドテーブル 東京

令和元年11月16日 

伊賀市にゆかりのある首都圏在住者と交流し、関係人口の創出・拡大に寄与した。
コミュニティバス愛称選考会市内令和2年1月16日 市内を走るコミュニティバスの愛称を決める選考会に、若者代表として参加した。
全国まちづくり若者サミット東京 

令和2年2月1日

令和2年2月2日 

東京で開催された全国の若者による地域活動団体が集まるイベントに参加。

伊賀市のPRとともに、伊賀市若者会議が中心とした全国の同様団体の協働を呼びかけた。

関係人口イベントの集合写真

↑東京で行われた関係人口イベントの集合写真

4.市内高校での授業参画

伊賀市若者会議の特徴的な取り組みとして、市内県立高校との連携があります。

伊賀市は大学などの高等教育機関がないため、高校卒業とともに、市外に転出する生徒が多くいます。

こういった生徒と伊賀市若者会議が繋がりを持つことで、高校生に伊賀市の良さを気づいてもらうとともに

若者同士のコミュニティを構築し、将来的な関係人口定住人口に繋げる取り組みです。

※下記の一覧は令和元年度の取り組みです。

対象授業(令和元年度)

高校名

授業(プロジェクト)名 
  上野高校 上高みらい探究「地域プロデュース」への授業参加
伊賀白鳳高校  

 フードシステム科パティシエコース「伊賀のお土産プロデュース」に審査員として参加

 あけぼの学園高校 あけぼの型シチズンシップ授業への参加
白鳳高校での取り組み

↑伊賀白鳳高校パティシエコースの審査をするメンバー(手前2人)

【応募期間終了】応募概要

1.要件

申し込み時点で、年齢が18歳以上(高校生を除く)35歳以下で、市内在住・在勤・在学の人、または市にゆかりのある市外にお住まいの人

※外国籍の人は、日本語を読み書き話すことができる人に限ります。
※未成年の場合は保護者の承諾が必要となります。 

※35歳以上であっても、1度に限り再任を認めております。

2.任期(活動期間)

2022(令和4)年3月31日(木)まで 【約2年】

3.支給等

原則、伊賀市内での活動に関しては交通費の支給等はありません。

但し、市外での活動に参加するための交通費等や活動における必要経費については、事務局が認める範囲で支給します。(市規定による)

4.募集期間

2020(令和2)年3月30日(月)まで ※必着
※応募者多数の場合は、年齢・性別・地域などを考慮して選考します。
選考の結果は、4月上旬に応募者全員に連絡します。

【応募期間終了】応募方法

応募フォームまたは下に添付している参加申込用紙をEmail・郵送・持参のいずれかで下記まで提出ください。

提出先:518-8501 伊賀市四十九町3184番地

     伊賀市役所企画振興部総合政策課

     メール:sougouseisaku@city.iga.lg.jp

参加申込用紙

Q&A

皆様から寄せられたご質問に対する回答を公開します。(随時更新)

質問・回答の一覧
ご質問 回答 
若者会議ではどんな活動をするのでしょうかまずは、既に第1期メンバーが主体となって活動している企画・イベントに参加いただきながら、会議のメンバー同士の意見交換やコミュニケーションを図っていただきたいと考えています。
また、新しく実現したい企画についても、他の若者会議メンバーや事務局で内容を精査しながら実行に向けた取り組みを進めていければと考えています。
学校の授業やバイトがあるので、すべての会議等に参加できないのですが・・・会議等の日程や時間の詳しくは、参加者の皆様のご意見も伺いながら決定する予定ですが、概ね月1回程度を予定しております。メンバーの皆様はその中で可能な範囲で参加いただければ結構です。
まちづくりについての知識や経験はないのですが・・・会議に参加いただくにあたって、特別な知識や経験は必要ありません。
会議の活動をサポートしていただける人はいますか?事務局として総合政策課の職員と市の委託事業者(コンサルタント)が会議の運営をフォローします。また、市の若手職員によるグループとの交流なども予定しています。
第1期メンバーには継続する方が多いですが、上手く馴染むことができるのか不安です。不安に感じるのは当然ですので、事務局として可能な限りフォローいたします。また、3月20日に予定している第6回ラウンドテーブルで第1期メンバーと交流できる機会を作りますので、伊賀市若者会議の雰囲気をそこで確かめてから決断いただいても結構です。

第6回まちづくりラウンドテーブル開催延期のお知らせ

3月20日(金・祝)に開催予定でした「第6回まちづくりラウンドテーブル」は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため延期になりました。

延期後の日程は未定です。「第6回まちづくりラウンドテーブル」に参加してから若者会議の応募を検討しようとしていただいていた方には大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解ください。


これまでの取り組みや、活動の様子は伊賀市若者会議のホームページ(別ウインドウで開く)や伊賀市若者会議の公式Twitter(別ウインドウで開く)公式Facebook(別ウインドウで開く)ページをご覧ください。

また、少しでも参加に不安を感じられている方には、事務局がサポートしますので、ぜひ一度ご連絡ください。




お問い合わせ

伊賀市役所企画振興部総合政策課

電話: 0595-22-9620

ファックス: 0595-22-9672

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.