ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    新型コロナウイルス感染症の影響により市税の納付が困難な方へ

    • [公開日:2021年2月2日]
    • [更新日:2021年2月2日]
    • ID:8687

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます


    新型コロナウイルス感染症等に係る徴収猶予の特例制度は令和3年2月1日をもちまして申請受付は終了いたしました。なお、新型コロナウイルス感染症の影響で市税の納付が困難な場合は、収税課までご相談ください。


    徴収猶予の特例制度について

    新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、地方税等の一部を改正する法律が令和2年4月30日に施行されました。収入に相当な減少があり、市税の納付が困難な事業所等の税金について、無担保かつ延滞金なしで1年間、納税の猶予を受けることができる「徴収猶予の特例制度」設けられました。

    新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご相談の際は、まず電話によりご連絡ください。

     

    制度の概要

    1.制度開始日  令和2年4月30日

    2.対象となる方

     特例猶予を受けるには(1)と(2)のいずれにも該当する方が対象です。

     (1)新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、

       事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。

     (2)一時に納付することが困難である場合。

    ※納期限時点で納付が困難であることが条件になりますので、納期限が分かれているものは、納期限ごとに申請が必要です。

    3.対象となる市税

     令和2年2月1日から令和3年2月1日に納期限が到来するほぼすべての税目が対象となります。


    ※特例猶予が認められると、納期限から1年間、納税の猶予が認められます。

    ※猶予期間中の延滞金は全額免除されます。また申請に当たり担保の提供は不要です。

    ※申請いただいた場合でも猶予が認められない場合があります。

    ※申請書の提出に当たっては、窓口の混雑を回避するためできる限り郵送による申請をお願いいたします。


      

    申請の手続き

    以下の申請に伴う提出書類に必要事項を記入し、申請の期限までにご提出ください。

    申請頂いた内容について確認を行うことがあるため必ず連絡先をご記入ください。

    《提出する書類》

     1 徴収猶予申請書

    個人の場合は、氏名の自署もしくは記名押印が必要です。

    法人の場合は、法人名称及び代表者名の記名、代表者印の押印が必要です。

     2 収入が減少した事実を証する書類(帳簿、給与明細、預金通帳などの写し)

      

     3 猶予対象税額が100万円以下の場合・・・財産収支状況書

     

     4 猶予対象税額が100万円を超える場合・・・財産目録・収支の明細書


    《申請の期限》

       制度開始日から2か月後(令和2年6月30日)、または納期限までのいずれか遅い日


    《提出先》

       〒518-8501 三重県伊賀市四十九町3184番地 伊賀市役所 収税課