ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    生誕100年 元永定正展 一寸さきは光 ~伊賀が生んだ美術の滑稽~ 開催中

    • [公開日:2022年10月2日]
    • [更新日:2022年10月2日]
    • ID:10427

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    生誕100年 元永定正展「一寸さきは光 ~伊賀が生んだ美術の滑稽~」

    伊貸市出身の画家、元永定正さん。

    国内外で高い評価を得られた氏の作品は、何気ない日常的な視点を通じて、新たな美にたどり着くことをめざし、ユーモアの中にも深い詩情をたたえています。

    「一寸さきは光」。これは、元永さんがいつも口癖のように語っていた言葉だそうです。


    元永定正さんの写真

    今年は、元永さんの生誕100年の年です。

    それを記念し、生誕100年 元永定正展を開催します。


    【と き】 令和4年10月1日(土)~31日(月)

          午前9時~午後4時30分 (火曜日定休)

    【ところ】 国史跡旧崇広堂

    【料 金】 500円 高校生以下無料

     

    画家 元永定正

    元永定正さん写真

    元永定正さんは、1922年、旧阿山郡上野町(現・伊賀市)に生まれました。

    上野商業学校(現上野白鳳高校)卒業後は漫画家を志しましたが、古里で洋画家、濱邊萬吉さんと出会い、裸婦や風景などの具象画を描くようになりました

    30歳の時に神戸市に移り、当時、芦屋市展に出品されていた抽象画を見て刺激を受け、六甲山の夜景から想を得た抽象作品などの制作を始めました。
    1955年、吉原治良さんが主宰する「具体美術協会」(GUTAI)に参加し、力強い生命感あふれる絵画を精力的に発表しました。

                                                            元永 定正さん

    液体作品

    30歳の時に神戸市に移り、当時、芦屋市展に出品されていた抽象画を見て刺激を受け、六甲山の夜景から想を得た抽象作品などの制作を始めました。
    1955年、吉原治良さんが主宰する「具体美術協会」(GUTAI)に参加し、力強い生命感あふれる絵画を精力的に発表しました。

    また、煙を使ったパフォーマンスや、自然の石を用いたオブジェ風の彫刻などユニークな創作活動を行い、協会を代表する作家の一人として認められるようになりました。

    また、独特の造形感覚が強く現れた版画や陶製オブジェの制作、椅子やタペストリーのデザイン、絵本の出版も行うなど、幅広い創作活動を続けました。

    《液体・赤》 (1955年)


    作品 べにべにむらさき

    また、独特の造形感覚が強く現れた版画や陶製オブジェの制作、椅子やタペストリーのデザイン、絵本の出版も行うなど、幅広い創作活動を続けました。

    こうした多彩な活動は、1983年の日本芸術大賞受賞など国内だけでなく、海外でも高い評価を得て、現在でもその評価は増しています。

    元永さんは、自然豊かで、城下町のまち並みと歴史・文化が薫る〝ふるさと"伊賀の地を愛しました。そして市内のアトリエで多くの作品を生み出しました。

                                                      《べにべにむらさき》 (1984年)


    特別イベント

    トークセッション「キュレーターが語る元永定正展」

    【と き】  令和4年10月1日(土)  午後2時~3時 

    【ところ】  国史跡旧崇広堂内

    【出演者】  原 舞子さん(三重県立美術館学芸員) 

           山本 忠臣さん(展覧会ディレクター)

    ※聴講無料(展覧会入場料が必要です)


    三重県立美術館「特集展示 生誕100年 元永定正展」の企画担当学芸員と市主催の元永定正展の総合ディレクターとのトークセッションを行います。

    関連事業

    中辻悦子展「中辻悦子と元永悦子 私は悦子」

    と き:令和4年10月1日(土)~31日(月)

        午前9時~午後4時30分(火曜日休館)

        ※赤井家住宅は水曜日定休ですが、会期中は 火曜日休館、水曜日開館となります。

    ところ:赤井家住宅

    入場無料


    元永紅子展 -朱ト赤ト紅カラ生マレタ女ノ子-

    と き:令和4年10月1日(土)~31日(月)

        午前9時~午後4時30分(火曜日定休)

    ところ:入交家住宅

    入場無料


    くれない忌

    【第1部】 対談 北川フラム × 岡本栄 「元永定正の●▲■」

             と き:令和4年10月3日(月) 午後4時30分~6時

             ところ:伊賀市文化会館

             出 演: 〇アートディレクター 北川 フラムさん

                  〇伊賀市長 岡本 栄


    【第2部】 山下洋輔PIANO CONCERT

           午後6時45分~


    ※詳しくは、(公財)伊貸文化都市協会のホームページをご覧ください。 → ホームページはこちら(別ウインドウで開く)

    同時期開催の元永定正展について

    元永定正さんの生誕100年を記念して、各地で展覧会が開催されます。詳しくは各施設に直接お問合せください。


    「特集展示 生誕100年 元永定正展」

    三重県立美術館(三重県津市)

    2022年9月6日(火)―12月11日(日)

    お問合せ先 三重県立美術館 電話  059-227-2100(代表)

    詳しくはこちらをご覧ください → 三重県立美術館ホームページ


    「生誕100年 元永定正のドキュメンテーション」

    宝塚市立文化芸術センター(兵庫県宝塚市)

    2022年9月10日(土)~10月10日(月・祝)

    お問合せ先 宝塚市立文化芸術センター 電話 0797-62-6800


    お問い合わせ

    伊賀市役所企画振興部文化振興課

    電話: 0595-22-9621

    ファックス: 0595-22-9619

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム