ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    統一的な基準による財務4表

    • [公開日:2018年3月26日]
    • [更新日:2022年5月30日]
    • ID:5473

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    統一的な基準による財務4表について

     地方公共団体の予算・決算制度は、現金主義の考え方で行われていることから、従来の貸借対照表および行政コスト計算書についても、現金主義の考え方に基づき作成されていました。しかし、より正確な行政コストの把握など諸課題を解消するために、企業会計で用いられる発生主義および複式簿記の考え方を導入した財務4表(貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書、資金収支計算書)を作成・整備し、資産・債務の適正な管理を進めていくものです。

    詳しくは総務省のホームページをご覧ください。(別ウインドウで開く)


    【貸借対照表】(貸借対照表) →略称:BS(Balance Sheet)

    • 基準日時点における財政状態(資産・負債・純資産の残高及び内訳)を表示したもの

    【行政コスト計算書】(損益計算書) →略称:PL(Profit and Loss statement)

    • 一会計期間中の費用・収益の取引高を表示したもの(現金収支を伴わない減価償却費等も費用として計上)

    【純資産変動計算書】(株主資本等変動計算書) →略称:NW(Net Worth statement)

    • 一会計期間中の純資産(及びその内部構成)の変動を表示したもの

    【資金収支計算書】(キャッシュ・フロー計算書)→略称:CF(Cash Flow statement)

    • 一会計期間中の現金の受払いを3つの区分で表示したもの

    お問い合わせ

    伊賀市役所財務部財政課

    電話: 0595-22-9608

    ファックス: 0595-24-2440

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム