ページの先頭です
メニューの終端です。
FAQ よくある質問

地域担当職員について【2020年3月更新】

[2020年5月29日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成23年度に我が家に配布された『伊賀市の新たな住民自治』のパンフレットには、「地域担当職員を配置し、地域の皆さんと、地域の課題解決や地域づくりについて話し合います。住民の皆さんが自主的に行う主体的な活動に役立つ情報を提供し、一緒に考えます。」と記載されています。
広報いが市の3月1日号の5ページには「地域振興センターには、住民自治協議会の支援を担当する職員を配置し、地域が自立するためのお手伝いをする計画です。」と記載されていることに関してお尋ねをいたします。
平成23年度から、住民自治協議会の指導支援及び市民センターの自治センター化の取り組み支援をしている「スキルのある地域担当職員」は、どこにいるのですか。
また、平成23年度に配置された地域担当職員プラス、今後、更に地域担当職員を配置されるのですか。

回答

地域づくり推進課からの回答

伊賀市では、平成23年度に「地域担当職員」を専任配置し住民自治協議会の運営やまちづくり計画の推進などに関して、助言や情報提供等により住民自治協議会の支援の充実を図っていましたが、平成24年度から地域担当職員は配置しておりません。現在は、支所振興課の事務担当者がその役割を引き継ぎ、地域が主体となったまちづくり活動が行えるよう支援しています。

従いまして、広報に記載の住民自治協議会の支援を担当する職員につきましては、追加ではなく支所の再編に合わせ改めて配置を検討しています。


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.