ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

幼児教育・保育の無償化が始まります

[2019年10月1日]

ID:7009

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

幼児教育・保育の無償化

令和元(2019)年10月1日から、幼児教育・保育の無償化が始まります。

無償化の対象・範囲などは次のとおりです。

3~5歳児クラス

○ 保育所・認定こども園(2号・3号認定) ・・・ 対象

○ 幼稚園・認定こども園(1号認定)

  ● 教育時間 ・・・ 対象

  ● 預かり保育 ・・・ 対象(上限1万1,300円/月) 【要申請】

○ 認可外保育施設等(一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業を含む。)

  ・・・ 対象(上限3万7,000円/月) 【要申請】

0~2歳児クラス ※市民税非課税世帯に限ります。

○ 保育所・認定こども園(2号・3号認定) ・・・ 対象

○ 認可外保育施設等(一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業を含む。)

  ・・・ 対象(上限4万2,000円/月) 【要申請】


通園送迎費、給食費、行事費など無償化の対象にならない費用があります。

※年収360万円未満相当の世帯の児童と第3子以降の児童は、給食費のうち副食(おかず・おやつなど)の費用が免除されます。

※保育所(園)・認定こども園に入所している場合は、認可外保育施設等の利用は無償化の対象になりません。

※幼稚園は、入園できる時期に合わせて満3歳から無償化となります。

 (満3歳児: 3歳の誕生日を迎えてから最初の3月31日までの子ども)

※預かり保育、認可外保育施設等は、対象事業として市の確認を受けたものに限ります。

※地域型保育、企業主導型保育事業(標準的な利用料)、就学前の障がい児の発達支援についても無償化の対象となります。

【要申請】  部分の無償化の対象となるためには「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。


「保育の必要性の認定」を受けるためには

「保育の必要性の認定」を受けるためには申請が必要です。以下の書類をダウンロードし、記入・押印のうえ提出してください。

※利用施設により申請書類が異なりますので、詳しくは保育幼稚園課(電話 22-9655)まで問い合わせてください。

お問い合わせ

伊賀市役所健康福祉部保育幼稚園課

電話: 0595-22-9655

ファックス: 0595-22-9646

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.