ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

福祉医療費(一人親家庭等)助成制度

[2017年4月1日]

ID:93

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

福祉医療費(一人親家庭等)の助成についての詳細です。

対象となる人

伊賀市に住所がある人で、次の1~4のすべてに該当する人
(ただし、生活保護法による保護を受けている人、福祉医療費(障がい者または子ども)を受給している人、施設に入所している子は、対象となりません。)

  1. 次のア~エいずれかに該当する人
    ア.母子家庭で養育されている18歳未満の子(※)とその母
    イ.父子家庭で養育されている18歳未満の子(※)とその父
    ウ.父または母のいない18歳未満の子(※)とその養育者
    エ.父または母が重度の障がい(国民年金の障害等級1級程度)にある18歳未満の子(※)とその父または母
    (※)18歳に達する日以降の最初の3月31日までの子
  2. 健康保険に加入している人
  3. 本人および養育者および扶養義務者などの所得が、制限額表の所得額未満の人
平成28年度(平成28年9月1日~平成29年8月31日)の所得制限額表(平成27年中の所得)
税法上の扶養親族等の数本人の所得額養育者および扶養義務者などの所得額
0人1,920,000円2,360,000円
1人2,300,000円2,740,000円
2人2,680,000円3,120,000円
3人3,060,000円3,500,000円
4人3,440,000円3,880,000円
5人3,820,000円4,260,000円

※本人および養育者および扶養義務者などそれぞれの所得額で判定します(合算はしません)

申請に必要なもの

  1. 児童扶養手当証書、または、公的年金証書と子および養育者の戸籍謄本
  2. 対象となる人の健康保険証(全員分)
  3. 助成金の振込先がわかるもの(預金通帳など)
  4. 印鑑
  5. 対象者の個人番号カードか番号通知カード
  6. 届出人の本人確認書類

本人および養育者および扶養義務者などの課税(所得)証明書が必要な場合があります
※転入などにより伊賀市で所得・課税状況などの確認ができない人が必要です。
※転入の時期などによって、必要な証明書の「年度」が異なりますのでご注意ください。
(1~8月は「前年度(前々年中の所得)」、9~12月は「当年度(前年度の所得)」)

    証明書は必ず「所得額、扶養人数、控除額、税額などが記載されたもの」を提出してください。

申請が遅れると…

要件に該当する日から1カ月を経過した場合、申請月の初日からの認定となります。

お問い合わせ

伊賀市役所健康福祉部保険年金課医療助成係

電話: 0595-22-9660

ファックス: 0595-26-0151

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.