ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

ごみの減量のため4R(よんあーる)運動を心がけましょう

[2020年6月26日]

ID:7708

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市では、ごみの減量・リサイクルを進めるため「4R運動」を推進しています
 「4R運動」とは、次の4つの英語の頭文字(R)をとった運動で、日常生活の中で4つのRを実行し、ごみを減らす取り組みのことです。

4R運動

Refuse(リフューズ):断る

ごみになるものは事前に断りましょう。

(例)・買い物のときはマイバック(袋やかごなど)を持参し、レジ袋や過剰包装は断る。
   ・弁当の割りばしやスプーンを断り、マイはしを利用する。


Reduce(リデュース):減らす

将来ごみになりそうなものは、買う量・使う量を減らしましょう。

(例)・洗剤やシャンプーなどは詰め替え商品を利用する。
   ・生鮮食品などは、余らないように適量を購入し、買い物は必要なだけ購入する。


Reuse(リユース):繰り返し使う

修理をしたり繰り返し使用して、ものの寿命を最大限活かしましょう。

(例)・家具や家電製品など、修理して長く使う。
   ・リサイクルショップ、フリーマーケット、バザーを活用する。


Recycle(リサイクル):資源として再生利用する

リユースできず、どうしても不要物(ごみ)になる場合は、大切な資源として活用できるように正しく分別しましょう。

(例)・資源物は、分別のルールに従って、それぞれの収集日に出す。
   ・再生資源を利用した物や土にかえる素材を使ったものなど、環境にやさしい商品を選ぶ。


ごみを減らすためには、一人ひとりがごみを減らす意識を持つことが必要です。

自分の生活を振り返ったときに、必要以上のものを買ったり、まだ使えそうなものを捨てていませんか。

ごみを減らし、リサイクルを進めるために「4R運動」を取り入れて、環境にやさしい、無駄のない暮らしをめざしましょう。


どうして分別しないといけないの?

ごみの中には、もう一度資源として使えるものがたくさんあります。
「使い終わったびんは新しいびん」、「使い終わったペットボトルは新しく繊維やトレー」に生まれ変わらせること(リサイクル)ができます。
分別すると資源になるごみも、分別しないで「燃えるごみ」や「燃えないごみ」として出すと、すべてが燃やされたり埋め立てられ、生まれ変わることができなくなってしまいます。

わたしたちが「ごみ」を分別することは、二度と使えないものとして捨ててしまうのか、資源としてもう一度生まれ変わらせるのか、未来を決めることです。

限りある資源を今後ずっと使っていくためには、きちんと分別をして、資源ごみをリサイクルすることが大切です。


※分別・・・種類によって分けること


お問い合わせ

伊賀市役所人権生活環境部廃棄物対策課

電話: 0595-20-1050

ファックス: 0595-20-2575

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.