ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    ふるさと応援寄附金について(ふるさと伊賀市を応援しよう!)

    • [公開日:2018年4月3日]
    • [更新日:2022年11月16日]
    • ID:3232

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    伊賀市ふるさと応援寄附金を募集しています。

    伊賀市ではふるさと納税を通じて、伊賀市の魅力を広く伝えるため魅力的な返礼品を多く揃えております。

    ぜひとも「三重県伊賀市」を応援いただき、伊賀市の魅力に触れてください。

    伊賀市オリジナル返礼品情報はこちらから(別ウィンドウで開く)

    トップ画像

    【お知らせ】

    ふるさと納税受付ポータルサイト「ふるさとプレミアム」における不正アクセスについて

    伊賀市ふるさと納税受付ポータルサイトの一つであります「ふるさとプレミアム」において、不正アクセスの報告がありました。

    詳しい情報はふるさとプレミアム公式サイトにてご確認ください。

    ふるさとプレミアム公式サイトはこちら(外部サイト)(別ウインドウで開く)

    なお、ふるさとプレミアム本体サイトへの不正アクセスであり、ふるさとプレミアム以外の他サイトには影響はありません。

    メディア掲載情報

    伊賀市のふるさと納税が「ふるさと納税比較コム」に紹介されました!

    【人気サイトで伊賀市のふるさと納税が紹介されました】

    webメディア『ふるさと納税比較コム』で伊賀市のふるさと納税についての記事が掲載されています。

    伊賀市ふるさと納税記事はこちらから(別ウインドウで開く) ※外部のサイトに移動します

    記事には、ふるさと納税のお申込み方法やおすすめの返礼品が紹介されています。

    ぜひ一度読んでいただき、ふるさと納税先の選択肢の1つにしていただければ幸いです。
    ※市内在住の方からのご寄附に対しては、返礼品を送付いたしませんので、ご了承ください。

    ふるさと納税(伊賀市ふるさと応援寄附金)制度について

    ふるさと納税制度とは、「ふるさとを応援したい」「ふるさとへ貢献したい」という気持ちをもつ納税者が、応援したいと思う地方公共団体に寄附を行った場合、個人住民税所得割額の2割程度を上限として、寄附金額を控除する寄附金税制のことです(※所得税では、寄附金額を所得控除する制度が別に設けられています)。

    伊賀市では、『ふるさと応援寄附金』として、ふるさとを想う皆さまや伊賀市に「貢献したい」「応援したい」とお考えの皆さまから、広く寄附金を募集しています。

    お申込み方法について

    インターネット

    次のポータルサイトからお申し込みいただけます。(各バナーをクリックすると別ウインドウが開きます。)

    ※お礼品掲載数の表示は、2022(令和4)年11月15日現在のものです。

    ※最新情報については、各ポータルサイトをご覧ください。


    ふるさとチョイスのバナー

    <お礼品掲載数>587品※
    <お支払方法>クレジットカード決済、コンビニ決済、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、PayPay、Amazon Pay、PayPal、メルペイ、楽天ペイ、ネットバンク支払い、ペイジー決済、払込取扱票、銀行振込、現金書留

    さとふるのバナー


    <お礼品掲載数>522品※
    <お支払方法>クレジットカード決済、コンビニ決済、ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済、PayPay、ペイジー決済

    楽天ふるさと納税のバナー

    <お礼品掲載数>580品※
    <お支払方法>クレジットカード決済、銀行振込、Apple Pay

    ふるなびのバナー

    <お礼品掲載数>793品※
    <お支払方法>クレジットカード決済、銀行振込、現金書留、PayPay、Amazon Pay、楽天ペイ、d払い

    ふるさと本舗のバナー

    <お礼品掲載数>421品※
    <お支払方法>クレジットカード決済

    ふるさとプレミアムのバナー

    <お礼品掲載数>287品※
    <お支払方法>クレジットカード決済、PayPay

    三越伊勢丹バナー

    <お礼品掲載数>101件※
    <お支払方法>クレジットカード決済、コンビニ決済

    auPayふるさと納税バナー

    <お礼品掲載数>757件※
    <お支払方法>クレジットカード決済、auかんたん決済

    郵送、ファックス、電子メール

    下記の申込書をご記入いただき、伊賀市役所企画振興部地域創生課までお送りください。

    <お支払方法>払込取扱票、銀行振込、現金書留、自治体窓口

    • 上記の伊賀市ふるさと応援寄附金申込書から様式をダウンロードしてください。
    • インターネットからのお申込みの場合は、申込書の提出は必要ありません。

    送付先

    伊賀市役所企画振興部地域創生課
    〒518-8501 三重県伊賀市四十九町3184番地
    電話:0595-22-9623 ファックス:0595-22-9672
    E-メール:furusato@city.iga.lg.jp


    お申込み後のお支払方法について

    クレジットカード決済、コンビ二決済、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Amazon Pay、Apple Pay、楽天ペイ、PayPay、ペイジー決済による納付

    • 上記の各ポータルサイトの申込フォームからお申込みください。申込完了後、各決済の手続き(及び入金)をお願いします。

    払込取扱票による納付

    • 払込取扱票(郵便局専用)を、申込日から起算して10日程度でお届けします。
    • 最寄りの郵便局からお振込みください。
    • 必ず寄附者のお名前でのお振込みをお願いします。

    銀行振込による納付

    • ポータルサイトから送信される受付確認メールまたは寄附金申込書に記載されている口座にお振込みください。
    • 必ず寄附者のお名前でのお振込みをお願いします。
    • 振込手数料はご負担ください

    現金書留による納付

    • 伊賀市役所企画振興部地域創生課宛てに、現金書留にて郵送をお願いします。
    • 郵送料は、ご負担ください。

    自治体窓口での納付

    • 伊賀市役所本庁舎4階の企画振興部地域創生課で受け付けます。


    寄附のお礼品について

    ふるさと応援寄附金として、1回10,000円以上のご寄附をいただいた市外在住の方に、心ばかりのお礼品として、伊賀の里でひそかに育んだ魅力あふれる特産品等を贈呈します。

    • 寄附金額に応じてお礼品の中からご希望の品をお選びいただけます。
    • お礼品について詳しくは上記のポータルサイトをご覧ください。インターネットを利用されない場合は、お礼品の一覧とカタログを送付しますので、伊賀市役所企画振興部地域創生課までご連絡ください。
    • 寄附回数に制限はありません。同じお礼品を複数回お選びいただくことも可能です。


    伊賀米の写真
    伊賀肉の写真
    梅酒の写真

    寄附金の使い道について

    ふるさと応援寄附金の使い道は、ご寄附いただく方のご希望により、以下の5項目からご指定いただけます。

    1.新型コロナウイルス感染症対策に関する事業

    • 新型コロナウイルス感染症の拡大防止や新型コロナウイルス感染症により影響を受けた方への支援等に活用させていただきます。
    イガグリオ
    イガグリオ手洗い
    イガグリオ消毒

    2.市民の暮らしの「安全・安心」を確保するまちづくり

    • 地域医療、子育て支援、高齢者・障がい者福祉など健康・福祉の分野
    • 防災対策、環境保全、上下水道事業、消費者行政など生活・環境の分野
    子育ての写真
    上野総合市民病院の写真
    防災訓練の写真

    3.自立・維持できる「活力」を創出するまちづくり

    • 観光、農林業、商工業、中心市街地活性化、雇用対策など産業・交流の分野
    • 都市計画、住宅、道路整備、公共交通対策など生活基盤の分野
    忍者フェスタの写真
    ハイトピア伊賀の写真
    伊賀鉄道の写真

    4.未来を担う『人・地域づくり』を推進するまちづくり

    • 人権政策、学校教育、生涯学習、公民館・図書館活動など教育・人権の分野
    • 国際交流、文化、スポーツ、住民自治など文化・地域づくりの分野
    シティマラソンの写真
    成人式の写真
    崇廣堂の写真

    5.伊賀市におまかせ

    • 特に指定がない場合、市の重点的な取り組み事業などに活用させていただきます。
    中心市街地の写真
    田園風景の写真

    ふるさと納税の対象となる地方団体の指定状況について

    • 伊賀市は、ふるさと納税の対象となる地方団体として、総務大臣による指定を受けています。
    • 指定された日:令和4年9月22日(総税市第80号)
    • 指定対象期間:令和4年10月1日から令和5年9月30日

    寄附による税金の控除について

    • 控除の対象者
       
      個人住民税の納税義務のある方が対象となります。
    • 控除対象となる地方公共団体の範囲
       市区町村または都道府県への寄附が対象になります。
    • 控除対象となる寄附金額
       2,000円を超える寄附金額が税控除の対象になります。(伊賀市では、10,000円を下限として1,000円単位での寄附をお願いしています。)
    • 寄附金控除を受けるための手続き
       確定申告(または、ふるさと納税ワンストップ特例申請)を行っていただく必要があります。


    参考までに、総務省 ふるさと納税ポータルサイト(別ウインドウで開く)ならびに下記イメージ図をご覧ください。


    ふるさと納税ワンストップ特例制度について

    次の2つの要件のどちらにも該当する方に限り、ふるさと納税先団体に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出することにより、ふるさと納税に係る寄附金の控除の申告を、ふるさと納税先団体が寄附者に代わって行うことが要請できる制度です。

    制度をご利用できる方(次の要件のどちらも満たす場合のみ)

    1. 給与所得のみの方などで、もともと確定申告を行う必要がない方
    2. その年のふるさと納税(寄附)先が5団体以下の方

    申請方法

    申請書にマイナンバーおよび本人確認書類を添付のうえ寄附された年の翌年1月10日(必着)までに提出してください。



    上記の申請書提出後に申請内容に変更があった場合は、次の申請事項変更届出書を寄附された年の翌年1月10日(必着)までに提出してください。

    ※変更後の住所がわかる本人確認書類の写しを添付のうえ、ご提出ください。


    マイナンバーおよび本人確認に関する書類等の同封について

    申告特例申請書郵送時の注意

    マイナンバー制度の導入により、2016(平成28)年1月1日から特例申請書を提出する際に、個人番号(マイナンバー)の記載が必要となりました。また、個人番号を記載した申請書には、個人番号確認と本人確認が義務付けられています。
    そのため、自治体へ特例申請書を郵送する際は、確認書類の写しを同封してください。
    確認書類については「個人番号確認書類」と「本人確認書類」の両方が必要です。下記を参考に書類をご用意ください。

    1. 個人番号カードをお持ちの方

    • 個人番号確認書類 個人番号カードの裏面の写し
    • 本人確認書類 個人番号カードの表面の写し

    2. 個人番号カードをお持ちでない方

    • 個人番号確認書類 通知カードの写し(記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致する場合は、個人番号を証明する書類として使用できます。一致しない場合、通知カードは個人番号の証明としてはご利用いただけません。)、個人番号が記載された住民票の写し
    • 本人確認書類 運転免許証、運転経歴証明書、旅券(パスポート)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書のいずれかの写し。(これらの書類の提出が困難な場合は、保険証と年金手帳の写しなど公的機関が発行する書類の写し2点)

    ※個人情報は、ふるさと納税ワンストップ特例制度に係る範囲で利用し、目的外には利用しません。

    参考までに、総務省 地方税分野におけるマイナンバーの利用(別ウインドウで開く)をご覧ください。


    申請書・確認書類等の提出先

    伊賀市役所企画振興部地域創生課
    〒518-8501 三重県伊賀市四十九町3184番地


    ※以下の様式をA4用紙に出力して送付用封筒としてご利用ください。(切手不要)

    ※ワンストップ特例申請書類の処理業務を(株)トラストバンクに委託しているため、添付書類を含めた申請書類を受付センターへ転送させていただきますので、ご了承のうえご申請ください。

    ※「書類不備」及び「ワンストップ特例受付完了通知」については、寄附申込時に登録されたメールアドレスへ連絡をさせていただきますので、ご確認をお願いいたします。

    ふるさと納税ワンストップ特例制度における注意事項について

    ※ふるさと納税(寄附)をされた翌年度の個人住民税額が減額されます。

    ※医療費控除の申告などのため、確定申告をした、または住民税の申告をした場合は、この特例は適用されないこととなります。

    ※寄附者が確定申告を行った場合または、5団体を超える都道府県もしくは市町村に対して寄附を行った場合は、この特例は適用されないこととなります。

    ふるさと納税のお礼品は一時所得に該当します

    都道府県・市区町村に寄附金を支出し(ふるさと納税)、お礼品を受け取った場合の経済的利益は、一時所得に該当します。

    これは、寄附金(ふるさと納税)が収入(お礼品)を得るための支出として扱われず、寄附金控除の対象とされていることに伴うものであり、一時所得は、年間50万円を超える場合に、超えた額について課税対象となります。

    一時所得について詳しくは国税庁のホームページを参照してください。(別ウインドウで開く)※外部のサイトに移動します