ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

伊賀市デジタルトランスフォーメーション(DX)基本方針(略称:IDXビジョン)

[2021年5月7日]

ID:8883

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

伊賀市デジタルトランスフォーメーション(DX)基本方針(略称:IDXビジョン)

伊賀市デジタルトランスフォーメーション(DX)基本方針(略称:IDXビジョン)を策定しました。

策定の趣旨

 近年のインターネット等の情報通信技術の目覚ましい発展は、私たちの社会生活に大きな変化をもたらしてきました。特にパソコンやスマートフォン等は、私たちの日常生活に欠かせないツールとなっています。
 こうした情報通信技術の高度化と相まって、少子高齢化や人口減少社会が進展し、労働生産力の減少、経済規模の縮小、社会保障費の増大等といった社会的課題が顕著になってきました。今後、この流れはますます加速し、課題の深刻化が懸念されており、多様化する市民ニーズに対応しつつ、持続可能な行政サービスの提供が求められています。
 また、新型コロナウイルス感染症により、テレワークやキャッシュレス決済など、デジタル技術を使った「新しい日常」の構築も不可欠となっています。
 こうした背景を踏まえ、デジタル技術を活用して社会変革を進めるデジタルトランスフォーメーション(DX) の考え方に基づき、伊賀市におけるデジタル社会の実現に向けた基本的な考え方を示すため基本方針を策定しました。

計画の位置付け

 本方針(ビジョン)は、官民データ活用推進基本法のビジョン及び、国の「デジタル・ガバメント実行計画」「自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画」等を踏まえ本市が実現するビジョン、並びに2021(令和3)年度策定予定の伊賀市第2次総合計画・第3次基本計画を推進するためのビジョンとして位置付け、取組みを進めていきます。

計画の期間

 本方針(ビジョン)の計画は2021年度から2025年度までの5年間の計画とします。

基本理念と基本方針

基本理念「暮らしいきいきデジタル社会のまちづくり」

 本市のDXの推進にあたって、全ての市民一人ひとりが生き生きと暮らすことができる「市民本位、地域本位」の自治体を創生するという想いで、行政デジタル化に向けた基本理念を『暮らしいきいきデジタル社会のまちづくり』としています。

基本方針

基本方針1 安全安心で利便性を実感できる市民サービスの実現

 深刻化する社会問題や防災・災害に対応するとともに、「新しい日常」に対応し、より安全安心で利便性を実感できる市民サービスの実現をするための取組みを進めます。

基本方針2 市民誰もが参加できるデジタル社会の実現

 本市の将来像である「ひとが輝く地域が輝く」を実現し、「誰一人取り残さない」社会を目指し、市民がデジタルを快適に利活用できるデジタル社会を目指す取組みを進めます。

基本方針3 スマート行政の実現

 基本方針1及び基本方針2を支えるため、デジタル技術を活用しスマート行政の実現を目指す取組みを進めます。

伊賀市デジタルトランスフォーメーション(DX)基本方針のダウンロード

伊賀市デジタルトランスフォーメーション(DX)基本方針

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

伊賀市役所 デジタル自治推進局
DX・行政改革推進係 電話: 0595-22-9622 ファックス: 0595-22-9672
メール: dx@city.iga.lg.jp

Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.