ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

軽自動車税とは

[2017年4月4日]

ID:2834

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

軽自動車税について掲載しています。

軽自動車税は、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車および二輪の小型自動車(以下「軽自動車等」という)に対し、主たる定置場所在の市区町村において、その所有者に課せられる税金です。

納税義務者

毎年4月1日現在で、軽自動車等を所有している人です。
例えば、4月2日以降に軽自動車等を譲渡あるいは廃車されても、その年度の軽自動車税を全額納めていただくことになります。

※年度の途中で軽自動車等を取得してもその年度分の税金は課せられません。また、年度の途中で廃車してもその年度分の税金は戻りません。

軽自動車税の税率

(1)原動機付自転車、小型特殊自動車、二輪の軽自動車および二輪の小型自動車

 

原動機付自転車、小型特殊自動車、二輪の軽自動車および二輪の小型自動車の税率一覧
区分種別税率(年税額)
原動機付自転車総排気量が50cc以下のもの2,000円
原動機付自転車総排気量が50ccを超え90cc以下のもの2,000円
原動機付自転車総排気量が90ccを超え125cc以下のもの2,400円
原動機付自転車ミニカー3,700円
小型特殊自動車農耕作業用(トラクター等)2,400円
小型特殊自動車その他(フォークリフト等)5,900円
二輪の軽自動車総排気量が125cc超え250cc以下のもの3,600円
二輪の小型自動車総排気量が250cc超えるもの6,000円

(2)三輪および四輪以上の軽自動車

1.平成27年3月31日以前に最初の新規検査を受けた車両は、「13年経過車両」に該当するまでは税率(年税額)を据え置きます。

2.平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両は、税率(年税額)を引き上げます。(軽自動車税の賦課期日が4月1日であるため、平成27年4月1日に初めて新規検査を受けた車両のみ、平成27年度分から新税率が適用となります。平成27年4月2日以降に初めて新規検査を受ける車両は、翌年度から新税率で課税されます。)

3.平成28年度から、最初の新規検査から13年を経過した車両について、税率(年税額)を引き上げます。(グリーン化の観点から、電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電力併用の軽自動車および被けん引車を除きます)

・最初の新規検査を受けた車両とは、初めて車両番号の指定(ナンバープレートの交付)を受けた車両が該当します。
・最初の新規検査を受けた年月は、自動車車検証の「初度検査年月」欄に記載されています。(平成15年10月14日以前に初めて新規検査を受けた車両については、車検証に年しか記載されていないため、その年の12月を基準として判定いたします。)

三輪および四輪以上の軽自動車の税率一覧
区分種別税率(年税額) 
平成27年3月31日
以前登録車両
税率(年税額)
平成27年4月1日
以後登録車両
税率(年税額)
13年経過車両
(平成28年度から)
軽自動車三輪車3,100円3,900円(※)4,600円
軽自動車四輪乗用(営業用)5,500円6,900円(※)8,200円
軽自動車四輪乗用(自家用)7,200円10,800円(※)12,900円
軽自動車四輪貨物(営業用)3,000円3,800円(※)4,500円
軽自動車四輪貨物(自家用)4,000円5,000円(※)6,000円
軽自動車被牽引車(ボートトレーラー等)2,400円3,600円

※平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両(初めてナンバープレートの交付を受けた車両)が対象。平成27年3月31日以前に最初の新規検査を受けた車両は、「13年経過車両」の該当になるまで「年税額(現行)」の税額に据え置きとなります。

4.軽自動車税のグリーン化特例(税率の軽減)について
平成28年4月1日から平成29年3月31日までに新規登録した四輪以上および三輪の軽自動車で、環境負荷の小さいものについては、翌年度(平成29年度)分の軽自動車税の税率を軽減する特別措置があります。

平成29年度の年税額(円)
車両種別1.新税率の75%軽減2.新税率の50%軽減3.新税率の25%軽減
三輪車1,0002,0003,000
四輪乗用(営業用)1,8003,5005,200
四輪乗用(自家用)2,7005,4008,100
四輪貨物(営業用)1,0001,9002,900
四輪貨物(自家用)1,3002,5003,800
被けん引車
  1. 電気自動車・天然ガス自動車(平成21年排出ガス基準10%低減達成車)
  2. 乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成車かつ平成32年度燃費基準+20%達成車
    貨物:平成17年排出ガス基準75%低減達成車かつ平成27年度燃費基準+35%達成車
  3. 乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成車かつ平成32年度燃費基準達成車
    貨物:平成17年排出ガス基準75%低減達成車かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

※2については、内燃機関の燃料が揮発油(ガソリン)の車両に限る。
※燃費基準の達成状況は、車検証の備考欄に記載されています。

また、平成29年4月1日から平成30年3月31日までに新規登録した四輪以上および三輪の軽自動車で、環境負荷の小さいものについては、翌年度(平成30年度)分の、平成30年4月1日から平成31年3月31日までに新規登録したものは、その翌年度(平成31年度)分の軽自動車税の税率を軽減する特別措置があります。(年税額は平成29年度と同じですが、軽減の要件が厳しくなります。)

  1. 電気自動車・天然ガス自動車(平成21年排出ガス基準10%低減達成車)
  2. 乗用:平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス基準75%低減達成車かつ平成32年度燃費基準+30%達成車
    貨物:乗用:平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス基準75%低減達成車かつ平成27年度燃費基準+35%達成車
  3. 乗用:平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス基準75%低減達成車かつ平成32年度燃費基準+10%達成車
    貨物:平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス基準75%低減達成車かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

こんなトラブルはありませんか?
軽自動車の廃止や名義変更の手続き方法はこちら

お問い合わせ

伊賀市役所財務部課税課

電話: 0595-22-9613

ファックス: 0595-22-9618

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.