ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

平成20年度決算

[2017年1月24日]

ID:3091

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成20年度の一般会計決算概要

伊賀市の20年度一般会計予算の最終補正後における予算総額は443億7,803万円でした。
これに対し、一般会計の決算額は、歳入が428億8,526万円で予算に対し96.6%、歳出が417億8,786万円で予算に対し94.2%となり、差引は10億9,740万円の黒字でした。
10億9,740万円のうち、平成21年度に繰り越した事業の財源として1億6,664万円を充てるため、実質の黒字額は9億3,076万円となり、平成21年度に前年度繰越金として収入します。また繰越金のうち1/2以上を財政調整基金に積立てます。

歳入の状況

自主財源
決算額構成比
市税157億9,549万円36.8%
使用料手数料など13億3,357万円3.1%
その他27億8,372万円6.5%
依存財源
決算額構成比
地方交付税91億2,318万円21.3%
国県支出金57億7,923万円13.5%
市債54億6,290万円12.7%
地方譲与税など26億717万円6.1%
歳入の合計
決算額構成比
合計428億8,526万円100.0%

歳出の状況(性質別)

義務的経費
費目決算額構成比
人件費98億6,380万円23.6%
扶助費55億921万円13.2%
公債費67億2,861万円16.1%
合計221億162万円52.9%
投資的経費
費目決算額構成比
普通建設事業費53億593万円12.7%
災害復旧費3,220万円0.1%
合計53億3,813万円12.8%
消費的経費
費目決算額構成比
物件費56億800万円13.4%
補助費等34億2,163万円8.2%
その他53億1,848万円12.7%
合計143億4,811万円34.3%
歳出の合計
決算額構成比
合計417億8,786万円100.0%

歳出の状況(目的別)

目的別一覧
科目内容決算額構成比
民生費医療費助成、保育所、老人ホームなど113億2,834万円27.1%
総務費庁舎管理、地域振興、国際交流など72億543万円17.3%
公債費市債の元金および利子の返済金67億2,861万円16.1%
教育費小中学校、文化財、生涯学習など48億7,055万円11.7%
衛生費各種保健事業、環境保全、ごみ収集など41億683万円9.8%
土木費道路、河川、市営住宅、都市計画など32億6,608万円7.8%
農林業費農業振興、農林業整備、農業委員会など17億2,559万円4.1%
消防費消防署、救急救命、消防団など15億3,835万円3.7%
その他商工観光、議会運営、雇用対策、災害復旧など10億1,808万円2.4%

市債残高の状況

添付ファイル

Excel Viewer の入手
xlsファイルの閲覧には Microsoft社のExcel Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

市債は、市の借入金です。本年度は昨年度に比べ約2億8,715万円減少しています。市民一人あたりに換算すると約57万2,384円の借金残高となります。

基金残高の状況

基金は、将来市が直面する財政課題に対応するために蓄えられた市の貯金です。本年度は昨年度に比べ約5,044万円減少しています。市民一人あたりに換算すると約8万3,530円の貯金残高となります。

平成20年度ではこのような事業を行いました。

―ひとが輝く 地域が輝く― 伊賀市総合計画 輝きプランの基本計画における分野別に区分しています。

1.健康・福祉
事業名事業費説明
放課後児童対策事業1億450万円本年度は、友生小校区、島ヶ原地区、東小校区に、新たに放課後児童クラブを設置しました。
子育て支援対策事業3,663万円地域子育て支援センターを通して、地域の子育て家庭に対する育児支援を行いました。
救急医療事業1億1,088万円応急診療所を1年通して開設し、医療体制の円滑な運営と充実を図りました。
母子保健事業4,087万円「こんにちは赤ちゃん訪問」事業を実施する等、育児指導や育児支援を行いました。
2.生活・環境
事業名事業費説明
定額給付金給付事業609万円定額給付金の給付事業を行いました。
庁舎管理経費2億3,533万円地域の環境の拠点として、本年度は治田ふれあいプラザの整備等を行いました。
防災対策経費1億1,707万円孤立対策事業、災害時要援護者対策事業等を実施しました。
環境保全対策事業7,577万円レジ袋の有料化を勧め、マイバックの持参を推進しました。
ストックヤード整備事業4,348万円紙などの資源ごみを一時保管する場所の整備を行いました。
公営住宅建設事業1億4,055万円河合団地の二期工事として、市営住宅を建設しました。
雇用、勤労者対策事業1億3,282万円地元雇用の促進を図るため、市内立地企業との情報交換の場として、合同企業説明会を開催しました。
3.教育・文化
事業名事業費説明
人権啓発推進経費1,888万円人権フェスティバルや地区懇談会を開催しました。
施設整備事業1億3,047万円友生小学校校舎増築工事等を行いました。
中学校建設事業18億289万円城東中学校建設事業等を行いました。
幼稚園建設事業2,708万円統合幼稚園の設計を行い、建設を始めました。
4.産業振興
事業名事業費説明
産学官連携研究開発拠点創出事業2億7,118万円「ゆめテクノ伊賀」の適正かつ円滑な運営管理を図るため、地域産業の活性化を推進しました。
地域バイオマス利活用推進事業951万円「菜の花プロジェクト」を推進するため、廃食油を利用したバイオディーゼル燃料精製プラントを整備しました。
県営土地改良事業1億8,748万円県営事業の市負担金を支出しました。
観光振興経費6,367万円観光施設の維持管理や各種イベントの開催、地場産業の振興を図りました。
企業立地促進経費2億4,685万円ゆめぽりす伊賀クリエイトランドへ環境にやさしい優良企業の立地を促進しました。
5.交流基盤
事業名事業費説明
地域振興経費5億2,963万円伊賀市振興基金の積立てや伊賀線活性化促進事業等を行いました。
道整備交付金事業3億745万円市道腰山福川線、ゆめが丘摺見線等の整備を行いました。
地方道路交付金事業2億6,105万円西明寺生琉里緑ケ丘線等の整備を行いました。
国際交流推進事業1,143万円国際交流員(CIR)の配置や国際交流事業等を行いました。
6.しくみ
事業名事業費説明
地区市民センター等維持管理経費3億5,591万円今年度新たに、西柘植、河合、玉滝、阿波、山田、壬生野、丸柱に地区市民センターを開設しました。
住民自治協議会推進経費4,155万円住民自治協議会に対し、地域まちづくり計画を推進する事業や活動などを支援する地域交付金を交付しました。
市民活動支援事業費2,548万円市民の自主的なまちづくり活動を支援し、個性的で魅力あふれる地域づくりの推進を目的にその経費の一部を補助する提案公募型補助事業を実施しました。
自治振興経費1億3,049万円自治会連合会事務局として行政と地区との連携に努め、円滑な地区運営を支援しました。

特別会計の状況

特別会計
会計名収入額支出額差引額
国民健康保険事業98億6,806万円93億1,930万円5億4,876万円
事業勘定97億1,593万円91億6,104万円5億5,489万円
直営診療施設勘定診療所費1億5,213万円1億5,826万円△613万円
簡易水道事業9億2,960万円8億8,208万円4,752万円
住宅新築資金等貸付9,321万円1億9,585万円△1億264万円
駐車場事業5,487万円5,477万円10万円
老人保健9億5,429万円9億5,364万円65万円
介護保険事業74億3,094万円71億4,590万円2億8,504万円
農業集落排水事業20億1,414万円19億7,176万円4,238万円
公共下水道事業16億1,459万円15億2,339万円9,120万円
浄化槽事業4,004万円3,793万円211万円
サービスエリア2,664万円963万円1,701万円
市街地再開発事業8億4,713万円8億4,713万円0円
後期高齢者医療8億8,399万円8億7,707万円692万円
財産区
会計名収入額支出額差引額
島ヶ原財産区3,498万円3,368万円130万円
大山田財産区861万円653万円208万円
特別会計の合計
収入額支出額差引額
合計248億109万円238億5,866万円9億4,243万円

お問い合わせ

伊賀市役所財務部財政課

電話: 0595-22-9608

ファックス: 0595-22-9694

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.