ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    各種届出について

    • [公開日:2017年3月31日]
    • [更新日:2017年3月31日]
    • ID:532

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    申請時の届出内容から変更があった場合や、対象者の要件に該当しなくなった場合は、速やかに市役所にお届けください。お届け時には、受給資格証と印鑑、その他必要なもの(健康保険証や預金通帳など)をお持ちください。
    お届け先は、本庁保険年金課医療助成係または各支所住民福祉課です。

    平成29年4月から、福祉医療費の手続きに個人番号(マイナンバー)が必要になります

    届出が必要な対象者

    • 転入、出生、障害者手帳の取得など新たに受給する場合⇒本人、父、母、配偶者、扶養義務者など 
    • 受給中の人が転居、転出、保険証の変更、障害者手帳の更新などで変更があった場合⇒本人

    届出に必要なもの

    • 対象者の個人番号カードか番号通知カード  
    • 届出人の本人確認書類(運転免許証など顔写真つきのものは1点、保険証、年金手帳などは2点)          

                                                                        

    届出内容の変更

    次のような場合には、変更の届出をしてください。

    届出内容一覧
    変更内容障がい者一人親家庭等子ども
    市内での転居により住所が変わったとき必要必要必要
    世帯構成に変更があったとき必要必要必要
    氏名が変わったとき必要必要必要
    加入している健康保険に変更があったとき必要必要必要
    身体障害者手帳の等級に資格要件の範囲内で変更があったとき必要--
    療育手帳の療育程度に資格要件の範囲内で変更があったとき必要--
    精神障害者保健福祉手帳の等級に資格要件の範囲内で変更があったとき必要--
    精神障害者保健福祉手帳の有効期間を更新したとき必要--
    後期高齢者医療制度に加入したとき必要--
    父母が離婚したとき--必要
    振込口座を変えたいとき必要必要必要

    資格の喪失

    次のような場合には、資格喪失の届出をしてください。
    なお、資格喪失後に受給資格証を使用した場合は、助成した医療費を返還していただくことになります。

    資格喪失事由一覧
    喪失事由障がい者一人親家庭等子ども 
    死亡したとき必要必要必要
    転出したとき必要必要必要
    生活保護を受けることになったとき必要必要必要
    健康保険の資格を喪失したとき必要必要必要
    身体障害者手帳の等級に変更があり、資格要件に該当しなくなったとき必要--
    療育手帳の療育の程度に変更があり、資格要件に該当しなくなったとき必要--
    精神障害者保健福祉手帳の等級に変更があり、資格要件に該当しなくなったとき必要--
    児童扶養手当または遺族年金の受給者でなくなったとき-必要-
    受給者が婚姻(もしくは婚姻関係と同様の)状態になったとき-必要-

    お問い合わせ

    伊賀市役所健康福祉部保険年金課医療助成係

    電話: 0595-22-9660

    ファックス: 0595-26-0151

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム