ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    高齢者肺炎球菌ワクチン【定期接種】

    • [公開日:2022年4月2日]
    • [更新日:2022年4月13日]
    • ID:3705

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    成人が日常的にかかる肺炎の原因菌としては、肺炎球菌が一番多いといわれています。肺炎で亡くなる方の約98%が65歳以上であることから、特に高齢者では肺炎球菌による肺炎などを予防することが重要になります。

    高齢者肺炎球菌ワクチンについて

    平成26年10月1日から65歳になる人を対象とした肺炎球菌ワクチンの接種費用の一部を公費で負担する定期接種を実施しています。定期接種の対象となる人は毎年異なるため、機会を逃さないように注意しましょう。

    対象者

    伊賀市に住民登録があり、次の1.または2.に該当する人のうち、過去に肺炎球菌ワクチンを1回も接種したことのない人

    1. 令和4年度に65歳になる人(昭和32年4月2日から昭和33年4月1日生まれの人)
    2. 接種日時点で60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる障がいで身体障がい者手帳1級の人
    • 対象者には、令和4年4月に助成券(緑色のはがき)を送付します。
    • 紛失した場合は、健康推進課まで問い合わせてください。

    接種回数・費用

    生涯1回限り、自己負担額3,000円(生活保護を受給している人は無料)

    対象年齢の人以外への助成について

    • 今年度に70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる人で過去に肺炎球菌ワクチンを1回も接種したことがない人は、一部助成が受けられます。
    • 対象者には、令和4年4月に助成券(オレンジ色のはがき)を送付します。
    • 紛失した場合は、健康推進課まで問い合わせてください。

    接種回数・費用

    生涯1回限り、自己負担額5,000円(生活保護を受給している人は無料)

    接種期間

    令和4年4月1日から令和5年3月31日まで

    接種の方法

    伊賀市内の指定医療機関で接種する場合

    1. 希望する指定医療機関に事前に予約する。
    2. 次のものを持って、医療機関でワクチンの接種を受ける。
      ・助成券(「高齢者肺炎球菌ワクチンのご案内」のはがき)
      ・本人確認ができる健康保険証、診察券など

    実施医療機関

    伊賀市が指定した下記医療機関

    表を見る

     

    伊賀市内以外の県内医療機関で接種する場合

    1. 健康推進課に、予防接種を受ける日、受ける病院を連絡する。
    2. 市から医療機関あてに必要書類を送付する。
    3. 希望する指定医療機関に事前に予約する。
    4. 次のものを持って、医療機関でワクチンの接種を受ける。
      ・助成券(「高齢者肺炎球菌ワクチンのご案内」のはがき)
      ・本人確認ができる健康保険証、診察券など

    三重県以外で接種する場合

    1. 健康推進課に電話で下記について連絡する。
      ・予防接種を受ける人の氏名、住所、生年月日、電話番号
      ・予防接種を受ける日、受ける病院名、病院の住所
    2. 市から助成申請書と医療機関あての依頼文書を発送する(原則、申込者住所へ発送)
    3. 医療機関に予約する。
    4. 医療機関で予防接種を受ける。
    5. 医療機関で、予防接種費用を全額支払う。
    6. 健康推進課に助成申請書を提出する。
    7. 申請した口座に助成金が振り込まれる。

    申請に必要な物

    1. 領収書(氏名、接種日、接種金額が記載されたもので、領収印があるもの)
    2. 助成申請書
    3. 高齢者肺炎球菌予防接種定期接種用予診票(コピー可)
    4. 助成券(「高齢者肺炎球菌ワクチンのご案内」のはがき)
    5. 振込み口座が確認できるもの

    申請書提出期限

    令和5年4月7日(金曜日)

    注意事項

    5年以内に再接種すると副反応が強く出る可能性があります。過去に高齢者肺炎球菌ワクチンを受けたことのある人は5年以上の間隔をあけて接種してください。