ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    JR関西本線利用促進と電化を進める会

    • [公開日:2021年5月18日]
    • [更新日:2021年5月18日]
    • ID:5986

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    JR関西本線を将来につないでいくため利用促進と電化に向けて取り組んでいます

    現在の関西本線の運行本数は1時間に1本程度で、他区線との接続も決して良いとは言えず大きな課題です。

    しかし、鉄道は一度廃線になると、再び整備・敷設されることは限りなく難しいと言われています。

    私たち「JR関西本線利用促進と電化を進める会」は、廃線によって市民サービスが届きづらくなったり、沿線に暮らす皆さんが心の支えを無くしてしまったりすることのないよう、利用促進に努め、現在ある交通インフラを守っていきたいと考えています。

    JR関西本線利用促進と電化を進める会とは

    民間企業・各種団体・自治体・個人で協力し合い利便性向上への要望活動や利用促進に取り組む団体です。

    国鉄分割民営化の翌年の昭和63年11月28日に「JR関西本線複線・電化を進める会」が発足されました。平成29年からは会の名前を「JR関西本線利用促進と電化を進める会」と改め、利用促進事業を実施しながら、JR西日本との相互理解による信頼関係を構築し、連携協力しながら地域と線区の活性化に取り組んでいます。

    主な取り組み内容

    • 国・三重県・西日本旅客鉄道(株)・東海旅客鉄道(株)など関係機関等に対する要望・陳情活動
    • 利用促進に係る活動(観光客誘致、地域活性化活動の強化、沿線ウォーキング実施)
    • 電化促進に必要な情報の収集等、必要性についてのPR活動
    • 関西本線各駅施設の改善、ダイヤ改善など利便性向上に向けたJRへの働きかけ

    2020(令和2)年度総会における総会決議を公開しています。

    2020年総会決議(JR関西本線利用促進と電化を進める会)

    ICカード利用区間拡大に伴い会の活動を広報しました

    2021年3月13日に関西本線加茂・亀山間でICOCAなどのICカード乗車券が利用できるようになりました。

    JR関西本線利用促進と電化を進める会でも伊賀タウン情報YOUの紙面広告を掲載し、関西本線の利用を啓発しました。

    タウン情報YOU3月13日発行号広告

    2021年3月13日関西本線ICOCAエリア拡大記念式典に出席しました

    西日本旅客鉄道(株)大阪支社が主催した記念式典に来賓として会長が出席しました。

    JR関西本線利用促進補助金のご案内(通年)

    市内の学校等、子ども会、PTA、自治会等、住民自治協議会等が園児・児童・生徒(中学生以下)を対象とした事業を行うとき、JR関西本線の柘植駅から島ケ原駅区間に乗車すると、乗車にかかる費用の一部をJR関西本線利用促進補助金として助成します。

    団体割引後の運賃の約半額、団体割引対象外となる少数でのご利用であっても同等額の助成をおこないます。

    こどもたちに関西本線への親しみを感じてもらうことが目的です。

    手続きなど詳しくは事務局までお問い合わせください。

    会員募集中

    皆さんも会員になって取り組みに参加しませんか?

    会の趣旨に賛同し入会を希望される方は入会申込書入会フォームにて事務局へお知らせください。

    年会費は下記のとおりです。

    • 個人会員1,000円
    • 団体会員5,000円
    • 企業会員10,000円

    入会申し込みなど

    事務局(お問い合わせ先)

    伊賀市企画振興部交通政策課

    電話番号0595‐22‐9663

    ファックス番号0595‐22‐9694