ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    伊賀線は全線開通100周年を迎えました

    • [公開日:2022年10月5日]
    • [更新日:2022年10月5日]
    • ID:10265

    伊賀線全線開通100周年

     伊賀鉄道伊賀線は、1916(大正5)年に上野駅連絡所(現・伊賀上野)~上野町(現・上野市)間を営業開始し、1922(大正11)年には上野町~名張(後の西名張)まで路線が延び、伊賀線が全線開通しました。伊賀鉄道伊賀線は本年7月18日に全線開通から100年を迎えました。

    伊賀線まつり2022

     7月17日(日)に「伊賀線まつり2022」が開催され、約3,000人の鉄道ファンが訪れました。

     車掌体験や、かつての線路の保守作業に使われた軌道自転車の体験コーナーは、子どもたちの人気を集めました。

     キャラクターショーは、ピアノの演奏に合わせていが☆グリオが登場するなど大盛況でした。

     

    伊賀線まつりの様子(軌道自転車)
    伊賀線まつりの様子(キャラクターショー)

    記念列車の出発式

     7月18日(月)に「記念列車の出発式」が開催され、列車の出発を見守るため約100人の関係者と鉄道ファンが集まりました。

     記念列車は、一日限定の手裏剣をかたどったヘッドマークが前後に取り付けられ、上野市駅から伊賀神戸駅へ向けて出発しました。

    記念列車の出発式の様子(テープカット)
    記念列車の出発式の様子(記念列車)

    木製ベンチのお披露目式

     7月18日(月)に茅町駅の待合環境を改善しようと伊賀線活性化協議会が三重県立伊賀白鳳高等学校工芸部に依頼し、制作を進めていた木製ベンチのお披露目式が開催されました。

     この日は木製ベンチの除幕や制作過程の報告が行われ、全線開通100周年に花を添えました。


    ※伊賀線活性化協議会とは・・・伊賀線の活性化を図るため、沿線の住民自治協議会など全31団体で構成された協議会です。沿線のまちづくりと一体となった活性化のための方策を実施し、利用促進等を進めることで、同線を地域生活に密着した路線として守り育てることを目的としています。

    木製ベンチのお披露目式の様子(除幕)
    木製ベンチのお披露目式の様子(制作報告)

    ハンドメイドのぬくもりのあるベンチ(伊賀白鳳高校工芸部)

     背もたれの角度などにこだわり、座り心地を追求して制作されたベンチは、ケヤキやヒノキ、クリなど三重県産の木材が使用されており木の風合いを生かしたぬくもりのあるベンチとなっています。

     木製ベンチの制作だけでなく、待合室内の壁面も漆喰などで塗り替えられ、明るい雰囲気となりました。 


    制作した木製ベンチ(その1)
    制作した木製ベンチ(その2)
    制作した木製ベンチ(その3)
    茅町駅待合室の改修前と改修後

    記念パネル展の開催について

     伊賀線全線開通100周年を祝うために開催された記念事業の様子を発信するとともに、伊賀線がこれからも必要とされる鉄道であることを広く知ってもらい地域に愛されることを目的に下記日程で記念パネル展を開催します。

     全線開通100周年を記念して作成した記念リーフレットを無料配布しています。ぜひお越しください。


    • 大山田支所(伊賀市平田656番地1)   令和4年10月12日(水)午後1時半まで
    • 島ヶ原支所(伊賀市島ケ原4913番地)   令和4年10月18日(火)正午~10月25日(火)午後1時半まで 
    • 阿山支所(伊賀市馬場1128番地1)   令和4年10月26日(水)正午~11月4日(金)午前11時まで
    • 本庁(伊賀市四十九町3184番地)   令和4年11月7日(月)正午~11月22日(火)午後4時まで
    • ふるさと会館いが(伊賀市下柘植6243番地)   令和4年11月24日(木)正午~12月2日(金)午前10時まで
    • ハイトピア伊賀(伊賀市上野丸之内500番地)   令和4年12月5日(月)正午~12月16日(金)午後3時まで
    • 青山支所(伊賀市阿保151番地1)   令和4年12月19日(月)正午~12月27日(火)午後3時まで
    大山田支所での記念パネル展の様子(その1)
    大山田支所での記念パネル展の様子(その2)