ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    伊賀線は今年で全線開通100周年を迎えます

    • [公開日:2022年7月12日]
    • [更新日:2022年7月12日]
    • ID:10265

    記念事業の開催(伊賀線活性化協議会)

     伊賀鉄道伊賀線は、1916(大正5)年に上野駅連絡所(現・伊賀上野)~上野町(現・上野市)間を営業開始し、1922(大正11)年には上野町~名張(後の西名張)まで路線が延び、伊賀線が全線開通しました。本年7月18日に全線開通100周年の節目を迎えるにあたり、伊賀線活性化協議会(=事務局 伊賀市企画振興部交通政策課)では、これまでの歩みを振り返り、伊賀線が人々の生活を支え、地域の発展に貢献してきたことを再確認し、これからも地域に愛され必要とされる鉄道であることを広く啓発するため、「伊賀線全線開通100周年事業」を実施します。

    ※伊賀線活性化協議会とは・・・伊賀地域における伊賀線の意義とその現状について理解を深め、利用促進等を推進することにより同線の活性化を図り、地域生活に密着した路線として守り育て、沿線のまちづくりと一体となった活性化方策を実施することを目的とした協議会です。沿線の住民自治協議会など全31団体で構成されています。

    伊賀線全線開通100周年事業

    記念列車の出発式

     伊賀線全線開通100周年の記念日である7月18日に上野市駅において、記念列車の出発式を開催します。出発式ではテープカット、記念列車の披露を行います。記念列車は1日限定の特製ヘッドマークを取り付け、車内には記念ポスターの掲示や昔なつかしの写真などを展示します。

    日時:2022(令和4)年7月18日(月・祝) 午前10時20分から(※記念列車は午前11時09分発伊賀神戸行きの列車です)

    場所:上野市駅(忍者市駅)(伊賀市上野丸之内61番地の2)

    出発式の主な内容:主催者あいさつ、来賓あいさつ、テープカット

    木製ベンチのお披露目式

     茅町駅において、三重県立伊賀白鳳高校工芸部と連携し制作を進めていた木製ベンチのお披露目式を開催します。現在、伊賀線活性化協議会では、伊賀鉄道伊賀線の駅構内における待合環境を改善するため、みえ森と緑の県民税「森のやすらぎ空間整備事業」を活用し、伊賀白鳳高校工芸部と地元産材を使用した木製ベンチの制作を進めています。また、木製ベンチの雰囲気に合った空間にするため、茅町駅待合室のリノベーションを行う予定です。

    日時:2022(令和4)年7月18日(月・祝) 午前11時15分から

    場所:茅町駅(ライフラインの上野ガス)(伊賀市上野茅町2652番地の2)

    お披露目式の主な内容:主催者あいさつ、ベンチ除幕、工芸部からの発表

    伊賀白鳳高校工芸部の皆さん

    伊賀白鳳高校工芸部の皆さん(※写真の木製ベンチはお披露目予定のものではありません)

    伊賀線各駅への植栽プランターの設置

     伊賀線全線開通100周年を地域全体で祝うため、沿線の各住民自治協議会にご協力いただき、伊賀線各駅に植栽プランターを設置します。

    植栽プランター設置

    伊賀線まつり2022

     伊賀線全線100周年記念として「伊賀線まつり2022(※伊賀鉄道友の会主催)」が開催されます。鉄道グッズが販売されるほか、軌道自転車や運転シミュレーションの体験ができます。ハイトピア伊賀多目的広場では物産展も開催されます。

    日時:2022(令和4)年7月17日(日) 午前10時から午後3時まで(雨天実施・荒天中止)

    場所:【第一会場】 伊賀鉄道 上野市車庫

          【第二会場】 ハイトピア伊賀5階 多目的大研修室

    主な内容:【第一会場】 鉄道グッズ販売、軌道自転車・運転シミュレーション・車掌の各体験、鉄道模型鑑賞など

            【第二会場】 ピアノ演奏会、キャラクターショー、伊賀線ジオラマ、昔の伊賀線資料・写真の展示など