ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

介護予防・日常生活支援総合事業事業所向け情報

[2017年9月12日]

ID:3387

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

介護保険制度の改正に伴い、伊賀市では平成28年10月から「介護予防・日常生活支援総合事業(新しい総合事業)」へ移行しました。

更新情報

総合事業のみなし指定事業所の指定手続についてはこちらをご確認ください。

介護職員処遇改善加算についてはこちらをご確認ください。(別ウインドウで開く)

平成29年4月1日以降のサービスコード表(csvデータ)の訂正について≪重要≫(5月8日)

指定申請にかかる各種様式を修正しました。指定更新申請時には新しい様式での申請をお願します。(7月13日)

伊賀市介護予防・日常生活支援総合事業の内容について

伊賀市では介護予防・生活支援サービス事業として、次の事業を実施します。

  • 第1号訪問事業(訪問型サービス)
    ・現行相当サービス(現行の介護予防訪問介護と同基準のサービス)
    ・緩和サービス(現行の介護予防訪問介護の基準を緩和したサービス)
  • 第1号通所事業(通所型サービス)
    現行相当サービス(現行の介護予防通所介護と同基準のサービス)
    ・緩和サービス(現行の介護予防通所介護の基準を緩和したサービス)

サービス内容に訂正がありました。(平成28年8月24日付)
緩和した基準によるサービス(訪問型サービスA)
30分未満「週2回程度」および「週2回を超える程度」については算定できません。
ご注意ください。

  • 介護予防支援事業(ケアマネジメント)
    介護予防ケアマネジメント

総合事業を開始するための手続きについて

総合事業を開始するための手続きは、開始するサービスの種類や事業を行う事業所の指定状況等によって異なります。確認の上、適切に手続きを行ってください。

現行相当サービス(訪問型サービス、通所型サービス)

1.みなし指定を受けている事業所(手続きは不要です)

平成27年3月31日以前に介護予防訪問介護または介護予防通所介護の指定を受けた事業所
【サービスコード:A1・A5】
※平成30年4月1日以降も現行相当サービスの実施(A2・A6での実施)を希望する場合は、別途新規申請が必要です。(別ウインドウで開く)

2.みなし指定を受けていない事業所(指定申請手続きが必要です)

平成27年3月31日までに介護予防訪問介護または介護予防通所介護の指定を受けていない事業所
【サービスコード:A2・A6】

緩和サービス(訪問型サービス、通所型サービス)

3.実施を希望する全ての事業所(指定申請手続きが必要です)

みなし指定の有無に関わらず事業の実施を希望する事業所は指定申請が必要です。
【サービスコード:A2・A6】

4.緩和した基準によるサービス(訪問型サービスA)の従事者の範囲について

緩和した基準によるサービス(訪問型サービスA)の従事者の範囲については、有資格者の訪問介護員に加え「市が指定する研修修了者」としています。
「市が指定する研修修了者」の具体的な範囲は下記のとおりとなります。
1.訪問介護養成研修3級課程修了者
2.介護支援専門員実務研修終了者
3.シルバー人材センター技能講習等(調理補助、クリーンスタッフ、介護補助員等)修了者
4.市等が開催する研修修了者

伊賀市介護予防・日常生活支援総合事業についてのQ&Aについて

これまでに説明会等で寄せられた質問や、厚生労働省が発出したQ&Aを参考にしてください。

伊賀市介護予防・日常生活支援総合事業サービスコード

※平成29年4月1日 介護職員処遇改善加算の改正によりサービスコード表を更新しました。

※基本単位と加算の体系を見直しました。(上記以外に単位数の変更はありません)

※AFのサービスコード表は3月31日で廃止しました。

総合事業単位数表マスタについて

システム取込用CSV(平成29年4月1日から適用分)

Excel Viewer の入手
xlsファイルの閲覧には Microsoft社のExcel Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

※4月17日公開分のcsvデータにおいて、通所型サービスの処遇改善加算Ⅱ~Ⅴの名称に誤りがありましたので、データを修正しました。お手数ですが必要に応じ再度取り込み等をお願い致します。(5月8日)

※介護事業者がA2、A6のサービスコードをシステムに取り込む際は、このCSVをご利用ください。

指定申請(新規・更新)

介護予防・日常生活支援総合事業第1号事業(訪問型サービス(現行相当・緩和)および通所型サービス(現行相当・緩和)事業所の指定申請手続は以下のとおりです。

1 指定申請の注意事項

総合事業を開始するための手続は、開始するサービスの種類や事業を行う事業所の指定状況等によって異なります。確認の上、適切に手続を行ってください。

みなし指定事業者の平成30年4月1日以降に必要な指定についてはこちらをご確認ください。(別ウインドウで開く)

2 指定有効期限について

介護保険事業所は6年毎に指定の更新が必要です。ただし、総合事業の事業所指定については、既に指定を受けている同種のサービスと一体的に事業を実施する場合に限り、指定有効期限を短縮し、一体的に事業を実施する同種の指定済みサービスと同時に指定更新手続を行うことができます。
伊賀市介護予防・日常生活支援総合事業における指定第1号事業者の指定等に関する要綱
第3条
3 省令第140条の63の7に規定する市町村が定める期間は、6年とする。
4 前項にかかわらず、第1号訪問事業と法第8条第2項に規定する訪問介護を、または第1号通所事業と法第8条第7項に規定する通所介護(法第8条第17項に規定する地域密着型通所介護を含む。以下同じ。)を一体的に運営(同一法人が同一建物内において一体的に運営している場合をいう。)している指定事業者の指定期間は、当該訪問介護または通所介護の指定の有効期間とすることができる。

3 申請様式

※サービス提供体制強化加算の算定について
サービス提供体制強化加算については、新たに事業を開始した事業所の場合は、4月目以降に、前3月分の実績をもって取得可能とされている。通所型サービス事業者(現行相当サービスのみなし指定事業者を除く)については、新たに「24A」から始まる事業所番号が付番されることから、「新たに事業を開始した事業所」の取り扱いとなりますのでご注意ください。

提出方法

下記まで原則直接提出してください。
提出部数 正本1部・副本1部(受付後申請者へ返却します)

※提出される場合は、内容確認のため事前に担当者までご連絡ください。
※指定を受けようとする日の1月前までに提出してください。

各種届出

※変更日から10日以内に届出してください。
※市へは1部を提出してください。事業所用の控えが必要な事業所は2部提出してください。受付印を押印し1部返却します。
地域密着型通所介護事業と通所型サービス(緩和した基準によるサービス)を運営されている事業者については、届出書の「サービスの種類」の欄に、「地域密着型通所介護」「通所型サービス(緩和)」と記入いただくことで、合わせて届出することが可能です。
なお、介護予防通所介護の指定をお持ちの事業者については、通所型サービス(現行相当サービス)のみなし指定の有無に関わらず、三重県への変更届等の提出は必要です。(平成30年3月31日まで)

※休止・廃止・再開日の1月前までに届出してください。
※市へは1部を提出してください。事業所用の控えが必要な事業所は2部提出してください。受付印を押印し1部返却します。

関係要綱

問い合わせ先

〒518-8501 伊賀市上野丸之内116番地
伊賀市介護高齢福祉課
介護事業係 電話0595-26-3939 ファックス0595-26-3950

お問い合わせ

伊賀市役所 健康福祉部 介護高齢福祉課
電話: 0595-26-3939 ファックス: 0595-26-3950

Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.