ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

訪問介護(生活援助中心型)が基準回数以上となる場合の届出

[2019年6月17日]

ID:6730

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

訪問介護(生活援助中心型)が基準回数以上となる場合の届出 について

 平成30年10月より、利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用の観点から、訪問介護における性つ援助中心型サービスの利用回数が基準回数以上のケアプランについて、保険者への届出が義務づけられました。

 一月当たりの回数が基準以上となる場合は、必要書類を添えて届け出てください。

基準となる回数(1月当たり)
要介護度  要介護1要介護2 要介護3要介護4要介護5
 基準回数 27回34回 43回 38回 31回 

必要提出書類

  1. 訪問介護(生活援助中心型)の回数が多いケアプランの届出書
  2. フェースシート
  3. 居宅サービス計画書(第1~3表)・・・利用者へ交付し、署名があるもの
  4. サービス担当者会議の要点(第4表)
  5. サービス利用表(提供表)及び別表(第6・7表)
  6. 訪問介護計画書・・・事業所より提供を受けたもの

訪問介護(生活援助中心型)の回数が多いケアプランの届出書

届出に関しての留意点

  1. 身体介護に引き続て生活援助を提供するサービスについては回数の対象となりません。
  2. サービス計画に基準を超える理由を記載してください。
  3. 基準回数を超えるサービス計画を作成した月の翌月末までに提出してください。

提出方法及び提出先

原則持参してください。やむをえず郵送による場合は下記まで送付願います。

 〒518-8502

 伊賀市四十九町3184番地

 伊賀市健康福祉部介護高齢福祉課

  介護事業係 0595-26-3939

お問い合わせ

伊賀市役所健康福祉部介護高齢福祉課

電話: 0595-22-9634

ファックス: 0595-26-3950

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.