ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

離婚届

[2017年2月7日]

ID:2772

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

離婚届について掲載しています。

離婚するときは

離婚するときは届出が必要です。平日(月曜日~金曜日)の夜間や休日は時間外窓口で受付けます。届書に不備があるときは後日窓口にお越しいただくことがありますので、昼間に連絡のとれる電話番号(携帯電話でも可)を必ず届書に記入しておいてください。

離婚届詳細
協議離婚届 裁判離婚
届出期間 届出によって効力を生ずるので届出期間はありません。 調停成立または裁判確定の日から10日以内
届出人 夫と妻申立人
ただし、申立人が期間内に届出しないときは相手方からも届出ができます。 
届出方法 窓口に持参または郵送窓口に持参または郵送
届出地 夫・妻の本籍地、所在地、住所地のいずれかの市区町村ですることができます。また、国外の場合は大使館や領事館に届出できます。夫・妻の本籍地、所在地、住所地のいずれかの市区町村ですることができます。また、国外の場合は大使館や領事館に届出できます。
届出部数 1通 1通
添付書類 届出する市区町村に本籍がないときは夫婦の戸籍謄本または戸籍全部記載事項証明書1通 届出する市区町村に本籍がないときは夫婦の戸籍謄本または戸籍全部記載事項証明書1通
調停の場合は調停調書の謄本
裁判の場合は裁判の謄本および確定証明書
お持ちいただくもの

夫・妻それぞれの印鑑
来庁者の本人確認ができるもの(運転免許証、パスポート等)

氏が変わる方のマイナンバーカードまたは通知カード

申立人の印鑑

氏が変わる方のマイナンバーカードまたは通知カード

証人について 成人の証人2名の署名、押印が必要です。証人は不要です。

離婚後の氏について

婚姻の際に氏を変更した方は、離婚をすると婚姻前の氏にもどります。離婚後も婚姻中の氏をそのまま名乗りたい場合は、「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届出)」を届出ることによって婚姻中の氏を引き続き使うことができます。

お子さんの戸籍の変動について

 離婚の際に親権者を指定しても子どもの戸籍に変動はありません(氏も変わりません)。夫婦間の子の氏を変更したいときは、離婚手続きが済んでから子どもの住所地の家庭裁判所において「子の氏の変更申立」をし、許可を受けてから市区町村へ「入籍届」を届出ることによって戸籍が変動します。

離婚届に関連した手続きについて

下記の手続きに該当するものがある方は平日の業務時間内に手続きを行ってください。

手続き一覧
関係手続き 手続きを必要とする方 手続きをする課
国民健康保険(別ウインドウで開く)加入者または離婚により加入される方 本庁保険年金課
各支所住民福祉課
国民年金(別ウインドウで開く)加入者(氏名が変わる方)または社会保険等の扶養からはずれる方 本庁保険年金課
各支所住民福祉課
福祉医療費助成(別ウインドウで開く)一人親家庭等医療費の助成を希望される方は必要なものをお持ちのうえ、手続きを行ってください。(ただし、所得制限があります。) 本庁保険年金課
各支所住民福祉課
児童扶養手当(別ウインドウで開く) 父または母と生計を同じくしていない児童を養育されている方に手当てが支給される場合があります。(ただし、所得制限があります。) 本庁こども未来課
各支所住民福祉課

住民登録について

離婚届だけでは住民票を移すことはできません。ご住所に変更のある場合は平日業務時間内に本庁住民課・各支所住民福祉課で住民異動の手続きをしてください。

住民登録の詳細

届出の種類

届出期間 届出人届出に必要なもの
転入届
(他の市区町村から異動 )
引っ越しした日から14日以内

本人または世帯主(代理人も可能)

届出人の印鑑
(代理人の場合届出人の委任状及び印鑑)
転出証明書

マイナンバーカードまたは通知カード

住基カード(お持ちの方)

転出届
(他の市区町村へ異動)
あらかじめ引越しする前に(予定日の2週間前から届出可)

本人または世帯主(代理人も可能)

届出人の印鑑
(代理人の場合届出人の委任状及び印鑑)

転居届
(市内で異動)
引っ越しした日から14日以内

本人または世帯主(代理人も可能)

届出人の印鑑
(代理人の場合届出人の委任状及び印鑑)

マイナンバーカードまたは通知カード

住基カード(お持ちの方)

お問い合わせ

伊賀市役所人権生活環境部住民課

電話: 0595-22-9645

ファックス: 0595-22-9643

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.