ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

工事費内訳書について

[2017年1月24日]

ID:416

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

伊賀市では、すべての工事・コンサルタント業務の入札時に工事費内訳書の提出を求めています。(随意契約含む)

  • 工事費内訳書は、入札者が適正な根拠の基に入札金額を決定していることを示していただく書類です。
  • 入札執行通知の「その他の事項」欄もしくは入札公告で工事設計書表紙および工事費内訳書(写)の提出を求めていますので、ご確認ください。
  • 工事費内訳書を提出されないと、入札に参加できません。
  • 提出いただく工事費内訳書は、閲覧または購入された設計図書の工事費内訳書を参考にして、次の[記入例]まで積算してください。(自社製可)
  • 工事費内訳書の積算金額(工事価格)を、入札金額としてください。
  • 一括で値引きされている内訳書については、何をもって値引きできるのかの判断できず、根拠のない工事費となり、入札金額の妥当性を確認できないため無効とします。一般的に値引きは、会社の利益を減じるものですので、このような場合は一般管理費を減額し、「値引き」等の項目は使用しないでください。

工事費内訳書記入例

記入例

注意事項

  • 工事費内訳書の積算金額と、入札金額に相違があった場合、もしくは工事費内訳書に誤りがあった場合は、その入札は無効となりますのでご注意ください。
  • 提出された工事費内訳書の積算が、他社と全く同一の工事費内訳書が見受けられた場合、双方から事情聞き取りをし、場合によってはその入札は無効となることがあります。 

お問い合わせ

伊賀市役所総務部契約監理課

電話: 0595-22-9810

ファックス: 0595-22-9837

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.