ページの先頭です
日本語
メニューの終端です。

特定健診・特定保健指導について

[2017年4月24日]

ID:3639

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

特定健診・特定保健指導を受けましょう。

特定健康診査の受診券が届いたら、必ず毎年1回の特定健康診査を受けましょう。医療機関に通院中の人も特定健康診査を受けることができます。かかりつけ医に相談し、ぜひ受けましょう。また、特定保健指導の案内が届いたら、自分の健康管理のために必ず利用しましょう。
なお、会社などの健康保険組合や共済組合などに加入している人、またその被扶養者(家族)の場合は、加入している健康保険組合や共済組合など各医療保険者によって実施されます。

特定健康診査

目的

メタボリックシンドロームに着目し、その要因となっている生活習慣病を改善するための健康診査および保健指導を行い、メタボリックシンドロームの該当者・予備群を減少させることを目的としています。
※メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは、おなかの内臓周りに脂肪がたまった内臓脂肪型肥満の人が、軽症でも脂質異常・高血圧・高血糖などの危険因子を2つ以上持っている状態のことです。放っておくと、動脈硬化が急激に進み、心筋梗塞や脳卒中などの発病につながりやすくなります。

対象者

伊賀市国民健康保険に加入の40歳から74歳の人
※今年75歳になる人は、誕生日の前日までに受けてください。

実施期間

毎年7月から11月まで

実施方法

対象となる人に、受診券・質問票・受診案内を順次送付します。(初回の受診券発送は、6月下旬を予定しています。)
市内指定医療機関で実施する個別健康診査や、市内で実施する集団健康診査のいずれかを選択して受けてください。市内指定医療機関名簿や集団健康診査の日程や申込方法などは、受診券に同封する受診案内をご覧ください。
※県内協力医療機関でも受けられますが、伊賀市追加項目は受けられません。

内容

身体計測(身長・体重・腹囲測定)・血圧測定・尿検査・血液検査(脂質・腎機能・肝機能・糖代謝・尿酸代謝)といった基本的な検査と、喫煙歴などの生活習慣についての問診を行い、その結果からメタボリックシンドロームの危険性のレベルを判定します。
※伊賀市追加項目として、末梢血一般検査(赤血球数・血色素量・ヘマトクリット値・白血球数・血小板数)と心電図を実施します。
※医師が必要と認めた場合には、眼底検査を受けることもあります。

自己負担額

500円

特定保健指導

対象者

特定健康診査を受けた人で、健康診査の結果により、生活習慣病のリスクがあると判定された人。
※生活習慣病の治療中の人は、対象になりません。

実施方法

特定保健指導の対象となった人に案内を郵送しますので、お申し込みください。

内容

健康診査の結果により、対象者に応じた保健指導を行います。
「動機付け支援」は、生活習慣病の改善点に気づき、目標を設定し、行動できるような支援で、対象となった人に対して、初回に管理栄養士による個別面談を実施し、その6か月にわたって食事や運動などの生活習慣改善に取り組んでいただきます。初回面談の3か月・6か月後に面談や電話などによる支援を行います。
「積極的支援」は、健診判定の改善に向けた実践できる目標を選択、継続的に実行できるような支援で、対象となった人に対して、初回に管理栄養士による個別面談を実施し、その6か月にわたって食事や運動などの生活習慣改善に取り組んでいただきます。継続的に面談や電話などにより、支援を行います。
※特定保健指導事業は、伊賀市が委託する業者が行います。

個人情報について

※特定健康診査と特定保健指導で知り得た健康情報などの取り扱いは、個人情報の保護に関する法律を踏まえた対応を行うとともに、伊賀市個人情報保護条例を遵守します。

第二期特定健診等実施計画

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

伊賀市役所健康福祉部保険年金課保険年金係

電話: 0595-22-9659

ファックス: 0595-26-0151

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Iga city All Rights Reserved.