ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    岸宏子さんの出世作『ある開花』復刻本の販売

    • [公開日:2022年8月22日]
    • [更新日:2022年8月22日]
    • ID:10476

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    『ある開花』復刻本を販売

    伊賀市出身で、放送作家、小説家として活躍され、終生、伊賀上野で執筆活動を続けられた岸宏子さん。

    岸さんを代表する作品の1つ『ある開花』ですが、現在、残念ながら絶版となっていることから、岸さんの生誕100年を機に、改めて岸さんの作品に触れていただこうと、復刻し、販売しています。

    ぜひ、読んでみてください。

    復刻本

    【価   格】 1,000円(税込)

    【販売場所】伊賀市内書店

            井筒屋書店、岡森書店、コメリ書房

    『ある開花』

    1965(昭和40)年に発表された、岸宏子さんの出世作です。

    「伊賀上野の初夏は真っ青である。」の書き出しで始まる、伊賀を舞台にした作品です。

    【あらすじ】

    「夫を売り渡した金をもとでに、伊賀上野の、しがない帯じめの織子、なつ枝は、夢でしかなかった経営者になることができた。

    それは貧しさしか知らぬ彼女の、一生にたった一度の短い花の季節であったが・・・・。」


    ◆この「ある開花」を原作に、1968(昭和43年)、映画「喜劇 夫売ります!」が公開され、1969(昭和44)年には、テレビドラマ「売らいでか」が放送。

     舞台劇「喜劇 売らいでか!」は、1968年の初演から2017(平成29)年には公演回数が550回を超えるというロングラン作品となりました。

    お問い合わせ

    伊賀市役所企画振興部文化振興課

    電話: 0595-22-9621

    ファックス: 0595-22-9619

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム